長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

学生が語る!9月実習?


3日目は町民運動会に参加しました
この運動会は、合併以降、今から8年前に始まったそうです。

それぞれ、大門、長久保、古町、和田に分かれて参加し、
昼休みには農大名物でもある大根踊りを披露させていただきました

町の方々と、沢山交流でき、競技にも参加させてもらい、とても楽しい時間を過ごしました

学生が語る!9月実習?

2日目の午前中は、地元の方に教えていただきながら、昼食のうどんを作りました 小麦は、圃場で収穫したものです
初めてうどんを作る人もいる中、みんなで協力して、作りました。台湾の留学生や丸子修学館の生徒とうどん作りを通して沢山交流することができました
美味しく作ることができ、お腹も満たされてよかったです!(写真1枚目)

午後からは、カレッジツアーの方も一緒に芹沢圃場で稲刈りをしました。(写真2枚目)
今年は日照不足で未熟米が多いそうです 作物にとって、太陽の光は大切なんだなあ、と改めて実感しました。

夜のワークショップでは、機能考えた提案をまとめ、発表しました。台湾の学生にも、それぞれの日本に来た理由や学んだこと、台湾の農業の話などを発表してもらい、とても勉強になりました。

学生が語る!9月実習?

こんにちは

最近すずしくなってきましたね!
今回は、9月26日(金)〜28(日)に行われた9月実習について報告します

今回の実習は台湾からの留学生も参加し、農大の学生と一緒に実習をしました


1日目は、まず、長和町で農業をしている方の農場に伺い、農場を見学しながら、お話を伺いました
畑には、なす、ゴーヤ、花豆など、多品目の野菜がありました。野菜の話や、農業経営の話など、実際に農業をしている方の話を聞くのはとても新鮮で、勉強になりました (写真1枚目)

そのあとは、本陣圃場や芹沢圃場に分かれて実習をしました 写真の2、3枚目は芹沢圃場での堆肥まきの様子です。堆肥を袋につめ、畑にまき、トラクターで混ぜ込んでいきます。

今回の実習は台湾からの留学生も参加していることもあり、夜のワークショップは、山村地域に海外から人を呼び込むための提案を考えました

ページの先頭へ