長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

2016年1月実習2日目

二日目は、どんど焼き、炭焼き資材切り出し実習、ウェルカム・グッバイパーティーが行われました。
朝のどんど焼きでは、前日に農大生と留学生が作った繭玉を焼かせていただきました。
寒空の中でしたが、学生が囲む炎は熱く燃え盛っており、繭玉の飾られた枝は炎に突き出しながらも顔は背けるという風に皆一様に苦戦しているようでしたが、笑顔を絶やすことはなく楽しんでいました!

次に私たち農大生は、紙漉き体験等の長和町ならではの文化に触れる留学生たちとは別行動をとり、2月の実習で行われる炭焼きの準備で、炭焼き資材の切り出し作業を行いました。
効率よく炭焼きを行うには、木材を一定の大きさに整えなくてはなりません。中には切断の難しい木材もありましたが、斧(ヨキ)やチェーンソーを使いサイズの揃ったものを作ることができました。

夜は留学生たちとの出会いを記念し、ウェルカム・グッバイパーティーが行われました。
ビュッフェ形式で長和町産の食材を使った天ぷらや肉じゃがといった和食が提供され、盛大な場となりました。留学生とも打ち解けられたようで、終始笑顔で会話に花を咲かせていました!!

2日目終了です!


2016年1月実習1日目

皆さま明けましておめでとうございます!
2016年になりましたね。
今年は例年に比べてかなり寒暖と言われ、この季節にも関わらず雪が降りませんね。笑
そうは言っても寒い!
そんな中1月14日〜16日にかけてスタートしました!

さて、今回はセントオラフ大学と嶺東科技大学の留学生との国際交流がメインの実習でした!
意思疎通ができる自信がなかったので上手く関われるか心配でしたが、流れに身を任せちゃえばもう大丈夫。
一緒に繭玉作りや、やしょうまを作り、いつの間にか仲良くなれました(^^)
留学生たちはみんな柔軟な発想であらゆる形の繭玉を作ってくれました!

そして今回のメインのおたや祭り!!
このお祭りは豊受大神宮の例祭で、江戸時代末の文政11年の記録が一番古いがもっと昔から行われていたという。
留学生たちは出店で初めて見る食べ物に興味津々でした。
山車ではたくさんの長和町に由来がある人形に飛びいるように食いついき、説明をしました。

1日目終了です!

ページの先頭へ