長和町だより
(食料環境経済学科山村再生プロジェクト)

1月実習3日目

最終日は、2日目に作った繭玉をどんど焼きで焚きました!
どんど焼きは焼いた繭玉を食べると風邪を引かないという言い伝えがあるそうです
繭玉を焼いている間は、火が近くとても暑かったですが、焼き立てのお団子はとてもおいしかったです!
どんど焼きの後は、一福処濱屋と観音寺の見学を行いました。
観音寺では、本尊の説明を般若心経を唱えていただいたりと、観音寺について知ることができました!
その後、コミュニティーセンターで昼食をとり、今回の実習を終えました
今月の実習は留学生の方々とたくさん交流することができ、とてもいい経験ができ、楽しく実習を行うことができました

1月実習2日目

2日目の午前中はやしょうまと繭玉づくりを行いました!
やしょうまとは、上新粉で作った食べ物のことです。
金太郎あめと同じ要領で作るため、初めはどんな柄になるのかはっきりとはわかりませんが、完成して1つ1つ切った時には、きれいな絵柄を見ることができ、とても達成感がありました
また、繭玉は、豊作を祈願したもので、それぞれ好きな形に作り柳の枝につけていきました。
出来上がったものは個性豊かで、色とりどりに作ることができました!
午後は留学生が和紙すき体験を行っている間、コンサルタントの佐渡さんに講義を行っていただきました。グリーンツーリズムに関してのお話も聞くことができ、とても勉強になりました。
そのあと、古町のおたや祭りの見学を行いました!
例祭は毎年1月14、15日に行われ2日間で4〜5万人の人出となる祭りです。出店も多く、賑やかなお祭りで楽しく山車を見て回ることができました。
山車は4月ごろから製作が始められているそうで、決められた場面が再現されていました

1月実習1日目

今回の実習は1月13日〜15日の日程で行われました
今回はアメリカのセントオラフ大学の留学生との交流をメインとした実習でした
1日目は黒曜石ミュージアムの見学とペンダント作りを行いました!
黒耀石について学んだあと、それぞれ思い思いのペンダントを作り、とても楽しい体験ができました
その間に、学生委員の有志で和田宿ステーションで市場調査も行うことができました!
夜は、留学生のウェルカムパーティーを行いました。
グループに分かれて夜ご飯を食べながら、拙い英語ですが楽しくお話しすることができました!
農大生は大根踊りを披露したり、留学生からは歌の出し物や、最後はみんなで踊ったりと、交流を深めることができました

ページの先頭へ