パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

お手製鱧(ハモ)重

オホーツク海は魚の宝庫、
ですが、鰻というのはとれません。

でも、かわりに烏鱧(まっくろいハモ)が揚がります。

鰻と違うのは、Basicなどの食品スーパーで
鰻のように開いた剥き身が、かなり安価で
しかも新鮮なものが得られます。

というわけで、焼いてみたり、ソテーにしてみたり
色々試みたあと、うなぎのように、いったん蒸してから
醤油やみりん、出汁などをつけて焼くという
方法を試みてみました。
たれと焼いたときににじみ出てくる魚自体の汁とが
まじりあって、なかなかよい感じ。
もちろん食べるときには
山椒をふりかけて。

というわけでお手製鱧重のお弁当。
一見地味ですが、下は玄米少々、
そしてほかの隙間には、
キャベツ、人参、エノキ茸、椎茸、玉葱などの野菜と、
鶏の胸肉などを炒めた野菜肉炒めが詰まっています。
これ、かなり美味しい上に栄養満点。

なんちゃって、妙に凝ったお弁当も
そろそろ終盤なのでした。

うな重御膳

本日、研究室仲間でセントラルホテルのレストランで昼食。
グレイゼルさんの送別会ランチでした。
メニューを選んだのはホタカさん。
国産うなぎのうな重、お吸い物、茶碗蒸し、漬けもののセット。

その場でホタカさんから、グレイゼルさんに、
旅行安全祈願お守りと、安産祈願お守りが贈られました。
わざわざ、十勝の神社までいって求めたものだそうです。

これからの仕合せな生活を祈って。

うな重はとても美味しかったです。

この後、ラボに戻って、
そして夕方には、感動のセレモニーが!
それについては、次回写真を入手してから報告します。

オホーツクの夕焼け

オホーツクは空気がとてもきれいなので、
夕焼けは本当に美しいです。

しばらく前に空港にお客さんを送ったとき、
もうひとつは、網走港から。

オホーツク生の楽しみ

オホーツク海に面している網走、
釣りはこちらの学生さんたちの楽しみの一つです。

サケやマスを釣るのは本格派。
ちょい釣り派でも、カレイ、ホッケ、アイナメ、メバル
カジカ、コマイ、公魚などなどいろいろ釣れます。

写真はニジカジカというカジカ。簡単につれます。
大きなものは魚屋さんで買いますが,安価です。
味噌仕立ての鍋料理は、
「鍋壊し」と呼ばれます。
あまりにおいしいので、みなが先を争ってつっつくので
鍋が壊れるからだそうです。

網走道の駅の流氷俳句展示

「網走道の駅」は絶好の網走観光拠点で
多くの訪問者がいます。
そこに今月は、網走十七美会の会員の俳句で
流氷をテーマに詠んだものが展示されています。

パエリア作も3句ほどあります。

その近くには、映画「北の桜守」の撮影セットも
展示されています。

網走土産を探すのにも好都合、お立ち寄りください。

ページの先頭へ