パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

春は名のみではありますが

研究室の窓辺においた鉢の
「匂いすみれ」の花が咲きました。
ほのかで品のよい、香りです。
他にもまだ沢山蕾が出てきています。

さらに、ふと気が付くと、シャコバサボテンの鉢で
普通のすみれが蕾を揚げています。
こちらは香りはない(人には感じられない)のですが、
花の色と形がとてもきれいな種類です。

どちらも多年草で、しかも種もつけますし、
「匂いすみれ」の方は枝茎が伸びてきて
そこからも殖えます。

暦の上では春といっても、
まだ雪の中で暮らしていますが、
窓辺の日照時間は春になっているのを
植物は感じているようです。

資源研の事務のAさんが連絡に見えて、
草を育てると、枯れるときは飼い主の体の
不調を背負って、替わりに枯れているのであって、
元気なら、それは飼い主にも草にもいい環境なのだそうです。

昨日は雛の日、今日はおんどり?

農大世田谷本キャンパスと
馬事公苑の間にある、
「食と農の博物館」の正面に
おおきな鶏の像があるのに
気が付きました。

前にはなかったように思うのですが、
かなり目に着きます。

後ろの館内にはキリンの像があって
それは以前からあったとおもいますが。

バイオサイエンス新村先生の
オフィスの入り口には
笑う門には福来るの飾りもの。

にこにこして過ごすのは、
体にもよいようです。

雛の日の空

昨日は雛まつり。
世田谷キャンパスの図書館からの眺望は
晴れ渡っていました。

桃の花もあちこちで咲いたのではないでしょうか?

見はるかす雛の節句の空青し   パエリア

戦略ぷロジェクト打ち合わせ

農大戦略プロジェクトとして
「乳酸菌の長寿遺伝子サーチュインの構造と機能」
という共同研究プロジェクトを進めています。

今回世田谷キャンパスにて
研究打ち合わせをいたしました。

発表をパエリアと実験担当のトーレスさんがしました。

世田谷の川崎先生、梶川先生、
そして東大新領域の平田先生を交えて、
4月から大学院に進学する権田君とともに
会合をいたしました。

共同研究の楽しさはそれぞれの得意分野を
結集して最先端研究を進められることです。」

その翌日(本日)には
バイオサイエンス学科の川崎先生のラボで
実験をしました。

オホーツクには流氷が押し寄せていますが
世田谷キャンパスは梅の花が咲く春なのでした。

スクラブル ゲーム

イングリッシュ・カフェで
スクラブル ゲームというのをしました。

クロスワードをさらにスリリングにしたものですが、
はじめに盤面があいているときはまあよいのですが、
だんだん詰まってくるとかなり頭を使います。
麻雀のように自分の持ち駒を立てて並べるための
グッズも付属品の一つです。

なかなか単語が出ないと、皆で考える、というくらい。

これよりも、もっとスリリングにするおまけの
道具がついているのですが、それはまず
一応ゲームを覚えてからというのが、
英語指導担当留学生の院生Tさんのお言葉。

ページの先頭へ