パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

フキのチカラ

網走の春を一番に告げてくれるのは
残雪の間から顔を出す蕗の薹(フキノトウ)です。

そのかわいらしい小人のような花が
あっという間に、トウがたってきました。
北の春の力強さです。

それに伴って葉も溢れだすかのように出てきます。
これは、民家の庭なのですが、蕗畑なのでしょうか?

そのころ、つくしんぼも出てきます。

今日は網走も27度という
夏のような気温。

幼稚園の庭の土手にも沢山の蕗があふれていました。

札幌にちょこっと行ってきました。
道庁の庭で今年はじめて桜の花を見ました。
網走ではまだ寒くて見られません。

札幌駅のJRタワーに初めて登りました。
ちょうど雨があがって、虹がでました。

スカリツリーよりも大分すいていて、
ゆっくり景色を見ることができました。

前総監督健在!

スキー部の創設から20数年間にわたって、
関わってきて、昨年度まで総監督として
スキー部を束ねてきた
廣谷淳一さんからお便りがきました。
元オホーツク事務部長でもあったので、
私は大変お世話にもなりました。
一度は藻琴山のスキーに連れて行っていただきもしました。

現在、とてもお元気!
山スキーを楽しんでおられます。

今年からは、なんというのか
名誉顧問といいますか、
そういうお立場で今も
沢山のご支援をいただいています。

ますますお元気で!

網走海岸、標茶、美幌峠の浅い春

食品香粧学科事務のMさんからの春の紹介です。

23日に流氷がもどってきて接岸したところ、
標茶の国道の同じところにいつもいる鶴、
そして美幌峠からの雪の景色。

一週間前はまだまだ冬に近い景色だったことが
わかりますね!

まあそれでも
今朝も
大きな鷲がキャンパス近くに飛んでいました。
白鳥が飛んでいるのもまだまだ見られます。
蕗の薹、水芭蕉に続いて、水仙が咲いています。

銀杏並木は枯れ木のまま。

斜里岳はとても美しい白い輝きです。

春きたる

昨日、昼は網走市役所から来た港湾課の方々の
クルーズ船ヴィクトリア号の
通訳ボランティア説明会があり、10数名の
学生が参加していました。
イングリッシュカフェメンバーも4人。

昨晩は新任の伊藤実先生の歓迎会がありました。
前職は化粧品会社研究所とのことで、期待されています。
二次会は、カラオケ。久しぶりの熱唱なのでした。

連休が始まろうとしていますが、
ここではやっと春がきたという感じ。
でも春は春。よいものです。

伊藤先生の着任を祝して1句
 エレガンス香る今年の春の風  パエリア

写真は窓辺の春。
来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬる
という歌がありますが、は目にさやかに見えますね!

ページの先頭へ