パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

セビリアーナ

昔の写真が出てきました。
アンダルシアの村で撮ったものです。
このころは子供たちも可愛いものでした.......。

先ほど会議で網走漢さんと一緒になって、
いつものブログが心に浮かんで、
そういえばたまには子供の話題もいいかと、
会議とはなんの脈絡もなく思ってしまいました。

七五三をちっともしなかったことを
後悔することがあるのですが、
こうしてみると、代わりにセビリアーナの
衣装を着せたりしたわけでした。

セビリアーナというのはアンダルシア地方で
誰もが子供のころから踊っていて、村祭りでも
老若男女が楽しんでいる民族舞踊で、その衣装が素敵です。

寝起き頭の二つ岩

動物バイオテクノロジーの亀山先生の話で、
蝦夷赤蛙が産卵している池があるというので、
行ってみようと出かけました。
しかし、どんどん山道にはいっていくようで
私の普通乗用車では不安になって断念して、
その戻りがてら、二つ岩の渚亭の前まで行きました。
昨年流氷が来たときに、流氷の上を歩けたところです。

二つ岩はまだ春というよりも、ぼさぼさ頭のような冬のイメージでした。

ちょっとはいるとここはまだまだ冒険チックな道になります。
なんだか山奥みたいな、時代劇の撮影に使えそうなところにユースホステルがありました。
これまであまり遠出はしなかったけれども、ドライブも楽しいのかも。

  春浅き寝起き頭の二つ岩     paella

途中雨が降りだしました。
雪ではなくて、雨!
春が着実にきています。

海鮮BBQ!

まずはさんま、すぐに焼けました。
そして、干しホッケ、これは家庭の魚焼きグリルとは違って
とてもいい具合に焦げずに美味しくできました。

さらに続くのはホタテと烏賊、
どちらも本当に旨い!

極めつけは茹で毛ガニ!!!!

大変なご馳走でした。
(他のかまどでは肉や野菜、焼きそばなどが出来ました)

海鮮はBBQ幹事の一人、写真の新君が、馴染みにしている南4条の佐藤鮮魚店から仕入れたものでした。

最後は清水君にみんなでエールを送りました。
元気で生きていってください!

囀に焼き烏賊香り蟹香り    paella

網走駒場浅春

駒場公園に研究室員他食香科の有志が集まりました。
駐車場は半分雪が積まれたままでしたが
BBQはできます。
公園では水芭蕉が咲き始めていて、
向こう岸では地元の老夫婦が蕗の薹狩をしていました。

こうして、清水君(写真右端)の送別会のBBQはまず
さんまを焼くことから始まりました。

春の川見下ろしバーベキュー開始  paella

小さな世界

雪の間から蕗の薹が顔を出し始めています。
そのつぶらで小さな花にも蜜があるらしくて
花虻が沢山きています。

春は着々と来ています。

  蕗の薹寝癖のままに伸びそめし    paella
  虻来ると笑ひだしたり蕗の薹  
   

ページの先頭へ