パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

ふらのワインからイケちゃん来訪

ふらりとやってきたのは、
微研でワインの研究をして修士になったイケちゃんです。
ふらのワインという会社で勤めていて、
葡萄の栽培の一年間のさまざまな過程を習得したところです。

日焼けしていて、なかなか、素敵な青年となっています。

葡萄ジュースやワインを持ってきてくれました。

昨年はパエリアがドライブして夏休みに訪問しましたが、
立地がとても素敵なワイナリーです。

パークヨガ

パークヨガとは、青空のもとでおこなうヨガのこと。
微研では、タカナシ乳業工場見学研修旅行に
でましたが、合間を縫って、屈斜路湖畔にて
パークヨガをいたしました。
指導は美幌後楽園で新しくヨガレッスンを始めるグループの方々。
 パークヨガ晩夏の光惜しみなく  パエリア
さらに、案内つきで、オリエンテーリングといって、
屈斜路湖の周りの木漏れ日の道をトレッキング。
おおきな火口湖で、温泉がわいているところがあります。
 火口湖の秘湯の熱き初紅葉   パエリア

タカナシ乳業は日本有数の乳業メーカーで
大変親切に見学をさせていただきました。
品質管理が徹底していて印象深いものでした。
最後の試食はチーズで、モッツァレーラ、マスカルポーネ、
リコッタ、クリームチーズ、どれもとても美味しかったです。
写真撮影はできませんでしたので、お話だけですが、
本当に近来にない、すばらしい見学でした。
帰りは厚岸で牡蠣を食べました。
帰り道の釧路湿原は緑一色。そこに時折鶴の番いが
いて、何とも言えないバス旅行でした。
行きにみたのは、一羽だけの大きな鶴。
 万緑の釧路湿原鶴一羽   パエリア



酢料理フルコース

酢の先生といえば、
小泉幸道名誉教授です。

10年前に網走オホーツクキャンパスの会議にいらしたときに
夕刻の宴会で隣に座らせていただくチャンスがあり
それ以来、懇意にしていただいています。

今回、特別酢昼食フルコースにお招きいただきました。

前菜から酢の健康野菜。特別リンゴ酢ピクルス他
盛りだくさん。4種類のチーズで、まずは赤ワイン。

メインは、酢鶏やら、レモンソーセージなど
肉の入っているが、重くない料理の数々。
このあたりで、白ワインも開きます。

そして、締めは素敵な小茄子と
酢を大匙1杯加えて、殻のカルシウムを溶かして
健康増進浅蜊の味噌汁。

不思議だったのは、ほぼどれにもいろいろな酢が
使ってあるのですが、酸っぱいという
ことは全く感じません。
このことも、健康に酢をいただく秘訣なのだと思ったことです。

そのほか色々いただいて、
それに、お話がまた楽しくて、
大満足の午後でした。

沢山の料理を用意していただいた
素敵な奥様にも感謝です。

ありがとうございました。

キャンパスにパエリアメンバーの俳句を展示中です

オホーツクキャンパスの
本部棟と11号館や5号館をつなぐ通路の
壁に、涼しげな、すだれがかかっています。

そこにはパエリアの会のメンバーの
俳句を書いた短冊が張り付けてあります。

通りかかって気が付いたら読んでみてください!

箱庭は 毎日楽しい!

オホーツク雄大な自然が特色ですが、
実は最近キャンパス内に箱庭が出来ています。

食品香粧学科秘書のMSさんが
こつこつと花を植えて、また自作の
ミニチュアセットを植えこみに置いています。

そこに置く絵の制作を依頼されました。
テーマは、オホーツクキャンパスの『毎日、楽しい!』。
はじめは写真を小さく印刷してミニチュア自作イーゼルに
かけておいたそうですが、直ぐに日光で色があせて
今回油絵制作を頼まれました。

木の板に絵をかいたのですが、それを
焼き鳥の串でつくった、ミニイーゼルと組み立てて
早速飾ってくれています。

絵の注文をうけたのははじめて。
もちろんボランティアではありますが、
ルノワール気分のパエリアなのでした。

絵のほかにも楽しいミニチュアが沢山あります。
探してみてください。

ページの先頭へ