パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

ジャカルタ最後のディナー

明日、大学院の講義をジャカルタ中心街の
メインキャンパスでして、そのままこちらの町には
もどらずに、空港から夜の帰国便に乗る予定です。
それで、Diana先生ともお別れ、
そして最後のディナーは
こちらのバイオテクノロジー学部長であり、
またボゴール大学教授である、アントニウス先生が
接待してくれました。
とても元気で活発な先生で、本所属はボゴール大学だが、
こちらのバイオテクノロジー学部を発展させるためにと
頼まれて、兼任で学部長をしているそうです。
農大との連携や、こちらの優秀な学生や
スタッフメンバーで修士をもっているが博士号をもっていない
人を農大の大学院におくれないかどうかなど、
具体的な連携の可能性について、沢山話をしました。
こちらへきて一週間の間に沢山の人々と
話をしましたが、概ね率直な皆さんで、実のある
交流ができました。
アントン先生も、私が果物の女王といわれる
マンゴスチンの食べ方を間違えたことを
聞き及んでいて、帰りにマンゴステンを買ってくれました。


ジャカルタ学生さんの卒業研究

本日は講義ではなくて、学生の卒業研究について
ディスカッションということでした。
でも結局、所望されて、私の現在の研究テーマについて
まずPPTプレゼンをして、それから学生さんが
一人ひとり自分の研究について、口頭で話しました。
彼らは皆英語は話せて、緊張からなのか、とても早口で、
私がゆっくり話していいよ、と言わないとならない場面も。
でも皆さん、積極的で、日本に留学して大学院をやりたいという
学生も数人いました。日本での留学制度についても
説明しました。
モヂュレーターをしたのは、サファリにも同行して
くれた優秀な女子学生さんで教授の信頼が厚いようです。
マグダレーナさん、通称レナさんでした。
レナさんはカナダの大学院に行きたいらしいです。

それから教授たちと食事にでましたが、私は脂っこいもの
ばかり食べすぎて、胃腸の調子が悪くなっていて、
ブブールという御粥を食べたいというと、
巨大なイオンモール(AEON)の中のレストランに連れていって
くれました。この地域はBSD Cityといって、新たに開発の
進んでいるところで、大学も混みあっているジャカルタ中心部から徐徐にこちらに移転しつつあるそうです。みごとな道路が
できていて、コンドミニアムもあります。グーグルとアップルが
支社を作る予定だそうで、今後大発展しそうなところです。
イオンモールも巨大で、最近できたそうです。

本日は午前午後2回講義

今日は、講義を2回こなしました。
こちらのバイオテクノロジー学科の学部生は
かなり熱心に質問してくるのが印象的です。

虎とツーショット

本日Atma Jaya Catholic University滞在の中日で、
ボゴールにあるサファリ動物公園に連れていってもらいました。

サファリってすごいですね。
虎とツーショットです。

明日は午前と午後に2つ講義する予定です。

研究室見学と昼食はお魚系

二人のスタッフがバイオテクロノジー学科の
研究室を案内してくれました。
ヨーグルトを作っている学生さんもいました。
2年前に出来たそうで、またピカピカの研究室です。

昼ごはんは同じ二人がSUNDAという
西ジャカルタの地方料理を出す店に連れていってくれました。

大きな魚1尾まるごとをぶつ切りにして
から揚げにしたものが、その魚の骨の上に
載っていて、姿造りみたいな雰囲気を醸していました。
軽くて美味しい。これは昨日マーケットで生簀に
売られていた川魚のように見えました。
そしてエビ、それからもちろんテンペ。

そういえば朝食では、酢豚の豚がテンペに
置き換えられている料理があって、これも
なかなか良かったです。

外国ではあまり食べすぎないように、というのが、
調子を維持するコツだそうですから、
控えなくっちゃなりませんが。
写真は3人分です。これを分け合って食べました。

ページの先頭へ