パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

京都の梅

学会が終了しました。
本日は研究室の大学院生M君が
発表しました。
花にすむ乳酸菌の話で、彼は
「はな」、という語のイントネーションを奈良出身らしく
関西風に話しはじめて、ペースをつかみ、
さすがに京都にマッチしていました。

まだ桜は咲いていませんが
梅はきれいに咲いているものがありました。

今夜は食事も京都らしく。
網走にも来てくださったことにある、
京都大学野田教授ご夫妻と楽しくいただきました。

今夜はおばんざい

京都の農芸化学会、今日はグループの院生が発表しました。
会場に旧知の東工大の先生がきていて質問してくれて、
あとから色々貴重なディスカッションできました。
このためだけでも来た甲斐があるというものです。

さて、今夜は京都駅の売店でお番菜弁当を購入して
食べました。

朝はホテルの窓から東寺が見えて、
なんとなく京都というかんじ。

明日は学会最終日、明後日は京都大学でセミナーです。
またディスカッションできそうです。

昨夜は理研の旧知の先生とディスカッション、
本日は東工大の先生、明後日は京都大学でも別の先生と、
やはり学会参加は発表演題情報に加えて、
普段は会えない方々との
貴重なディスカッションと刺激の場としてとても大切です。


青空への手紙

オホーツク便りのナベさんのエッセイを発見!

京都の学会に出るために乗ったJALの機内誌 Skywardの
青空への手紙という読者のエッセイ欄に
ナベさんの投稿を発見!

JALの地域特別シールの話を中心に
お忙しい毎日と機内の楽しみについて
述べられていました。

ナベさんと言えば、謹厳実直、無駄話をせず
ハイクオリティーの網走風景写真を作成する
方という印象ですが、エッセイも
とても素敵です。

というわけで、本日は京都。
理研の共同研究者で13年位まえからの
知り合いである伊藤先生のグループと
合同懇親会をいたしました。



卒業式

本日晴天で卒業式でした。

パエリアの会のメンバーと記念撮影。

研究室のメンバーとは階段で記念撮影。

1年生から担任していた学生さんとも撮影。

皆さん、元気で活躍してください。
俳句のメンバーはこれからも
投句お願いします。

網谷先生のつぶらな瞳の新聞記事(単著刊行)

イングリッシュカフェで人気の
網谷先生がこのたび、
「理性の起源」という著書を上梓されました。

人間のものの考え方や判断の道筋が
動物とちがってどう進化したのかという
ことを、いろいろわかりやすい例を
上げて、しかし、学術的にも面白く
説き起こしていて、ユニークな本です。

その記事が北海道新聞で大きく取り上げられて
先生のつぶらな瞳がとても素敵です。

ページの先頭へ