パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

ダイヤモンドダスト

先ほど合同句集「ダイヤモンドダスト」が届きました!
きらきらする青春そのものの一冊です。

菜実子、小百合、清弘、智行、正敏、桜子、
暁子、知世、純平
の皆さん、おめでとう!

半年間でこんなに個性的な句が集まるとは
本当に感動的!

菜実子さんありがとう!

エミューの睫毛

一年生をつれてエミュー牧場に行きました。
卵は緑色で600g近くあり、雛は鶉くらいあるそうで
縞があります。寝るときにくっついて輪になり
そうすると縞が蛇のとぐろみたいに見えて
あるいは外敵に対する保護になっているという話です。

一歳になるともう大分大きくて
寿命ははっきりしないが、最年長は15歳のボスだそうです。

ボタンに興味をもって寄ってきますが
とても長い睫毛をしていて、
大きな目です。でも表情を読むのは難しいです。

   春昼のエミューの睫毛翳りなく   paella

句集完成

菜実子さんのがんばりで
この3月に卒業した皆さんの合同句集が完成したそうです。

土曜日に届くとのことで待ち遠しいです。

菜実子、小百合、智行、正敏、暁子、桜子、
知世、清弘、純平
それぞれの俳句に彼らの青春がぎっしり詰まっています。

  前ぶれのごとく夕焼け美しき   純一 (5号館 生物化学研究室横の窓から)

いんげん豆実験

生物化学研究室をのぞいてみたら
トレーにたくさんの芽の出た
豆があって、その芽と根を分けるという
実験をしていました。
酸性フォスファターゼという酵素の分布を
見る実験とのこと。

それにしてもなんとも可愛らしい豆でした。

   伸び出してはや豆の芽の緑さす   paella

初夏句会速報

学生会館の和室からの景色はとてもさわやかでした。

風薫る白樺の背の高きこと    純子
薫風や牛百頭の咀嚼音      徳朗
風薫る聞こえてくるよ木々の歌  かずあき
初恋は苺のように甘くない    龍一
薫風に誘われ歌う青葉たち    洋子
初夏ににじむ汗拭い農大坂    望佳
君の髪なびくも美し風薫る    雄太
目の端に金の湖風薫る      純一

ページの先頭へ