パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

卒業旅行

卒業論文もほとんどの人が完成して、4年生全員と有志で
卒業旅行に行きました。
場所は阿寒鶴雅リゾート。
バイキングはとても沢山食べることができました。
そして部屋にて飲み会が遅くまで。
そのあとは、2度目のお風呂(温泉がいろいろありました)、
さらにそのあとは、もっと飲む人、ゲームに興じる人など。
ちなみにすぐに寝たのは教員だけだそうで、
学生さんたちはほとんど寝ていなかったそうです。

それでも翌日はみんな元気にもどりました。

サークルブログなのに、研究室ブログみたいになっていますが、
いろいろな学生生活の紹介も兼ねているということで
そこのところよろしく(5番街のマリーみたい、古っ!)。

雛の日も卒業ももうそこにかな     paella

雛屏風

オホーツクはまだ寒いのですが、すでに何かの
花粉が飛び始めているような感じがしています。

もうすぐお雛祭り、雛屏風をいただきました。
『雛市』と題する図柄なのですが、雛人形を展覧即売する
江戸時代の様子を描いたものです。

こうしてみると、なんだか飽食・贅沢を究めたような
現代よりも、江戸時代はエコ・循環型社会であったと
同時に、心躍るような贅を尽くした時間を持つ社会でも
あったのでしょうね。
やるときは豪華に。
『やるときはやる』農大精神と相通じるかも。

雛市の仔細仔細の香りけり     paella

農大からの流氷パタラさん

流氷祭りの間、観光客の案内をしてくれる
流氷パタラという娘さんたちが会場にいます。
その一人、オホーツク食品科学科の和田さんに会いました。
まぶしいほどの明るさが会場に花を添えていました。
ぬいぐるみの中は誰なのかな?

雪晴の笑みも流氷パタラかな   paella

流氷祭り

11日から14日まで網走港では流氷祭りが開催されています。
今朝はとてもよく晴れていて、網走市内の子供たちが
雪像の前に設えられた舞台で伝統芸能を演じていました。

雪像だけでなく氷像もあります。

朝焼けと雪

朝新聞を取るのでドアを開けると
感動的な朝焼けとちらちら舞う雪で
おもわずうるうるしました。

昨晩は農大の駐車場の外灯に
きらきらと雪が舞っていて、これまた
神秘的で語りかけるようでした。

感性を育てるオホーツクキャンパス!
4月からは食品香粧学科が総勢でさらに感性の
育成に力を注ぎます。御期待ください。

ダイヤモンドダストたましひそこにある  paella

ページの先頭へ