パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

春のファイントレイル

西澤教授とともにファイントレイルの散策を
いたしました。
落ち葉が足の裏にクッションのように感じられて、
気持ちのよい歩行になりました。

運動場の端からトレイルにはいって、とても景色のよいところを
旧北海道国道(20年位前まで使われていたそうで、
舗装されていません)を回ります。

そこここに草が芽を出し始めています。
菫の芽も。ふっき草の芽も。
写真はカラマツの芽です。

狐の穴と思われるものがありましたが、
御留守でした。

 ものの芽の目覚めて狐穴は留守    paella

苔もまた

朝のキャンパスで目を引くものが足元にありました。


  春闌けにけり 苔もまた 花を上げ   パエリア

留学キャンペーン

短期留学プログラムとして
『スイス:食と香りの2週間』
を企画していますが、そのキャンペーンに
世田谷キャンパスと厚木キャンパスに
行きました。
どちらも緑の美しい盛りで
世田谷のメタセコイア、厚木の展望ともに
とても心地よいものでした。

プログラムはスイスのワイン醸造所、チーズ工房、
チョコレート工房、アルプス農場、赤十字博物館、
ローザンヌ工科大学ロレックス研修所などを
見てまわり、合間にアレッチ氷河ハイキングなどを
組み入れようとしています。

今年初めてのプログラムなので、
ドキドキ感があります。

   水桶のきらきら溢れ牧開き   パエリア

 落椿当たりて呆け陶狸   パエリア

森の乳酸菌

北海道の森林研究所である樹木から
牛乳を凝集する性質のある菌がいるのではないかと
分析を依頼されました。

佐藤さんが担当して、丁寧に分離してみると
炭酸カルシウムの入った培地で菌の集落の周りに
それが解けた輪ができてきます。
つまり、この菌は乳酸を作りだして、それを分泌するので、
炭酸カルシウムが溶けて透明になるのです。

樹木に乗っていた乳酸菌、
どんなものでしょうか。
興味がわくところです。

ページの先頭へ