パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

さくらんぼ

北海道はさくらんぼの季節。
天都山のフルーツ農園でも今さくらんぼ狩の看板がでています。

女満別高校の先の感動の景色の向かいにある、
そう女満別道の駅の売店ではいつも
とても新鮮な野菜を売っています。

店にはいったとき丁度入荷したばかりのさくらんぼを並べていました。
まだ日の温みのある本当に摘みたて。
それがきれいなだけでなく、甘くておいしいこと!

 目の覚めるやうな粒々さくらんぼ    paella

暑気払い

8月第一週から学期末試験が始まりますが
7月尽の暑気払いを行いました。

すこし遅れて会場の「蒸気船」にはいっていくと、先に盛り上がっていたのは
隣の部屋で暑気払いをしていた製造研究室
つまり、現在の工場長と未来の工場長さんたちで、
大変な盛り上がりでした。
私たちは1時間ずれて始めたわけですが、
まっ、これまた盛り上がりました。

 暑気払い しばし試験のこと忘れ   paella

試験頑張って、そして夏休みは事故のないように、
暑さばてに気をつけて、楽しく過ごしてください!

羊膜からの臓器再生1

富山大学医学部教授の二階堂俊雄先生は
私の大学院時代の同級生です。同じ研究室で
毎日過ごした仲で、その後彼が医学系に進んだので、
接点がなくなっていましたが、しばらく前に
何かのきっかけで私のHPを発見して連絡をくれ、
先週特別講義『再生医療の現状と将来』という
お話をしてもらいました。

羊膜は出産に伴って母親の体外に排出されますが、
組織としては赤ちゃんの組織です。
それは再生力があり、また免疫による拒絶反応を
起こしにくいという性質をもっているそうです。

これを使って、臓器の再生、また、特殊なな技術で
乾燥して、手術などで損なわれた生体の補修のための
足場として実用化されていて、すでに60例もの患者さんに
使われているのだそうです。

びっくりしました。

さて、二階堂先生は花の写真を撮るのが趣味のようです。
原生花園に行きました。
途中北浜の駅カフェにもよったりして。

はまなすや未来引き寄せ引き寄せて   paella

中村草田男の

はまなすや今も沖には未来あり  草田男

の本歌取りです。

30年ぶりの再会

明日特別講義で再生医療の現状と将来について
講演していただく、富山大学医学部の二階堂教授は
大学院時代に私が一時期同じ研究室で過ごした
旧友です。
今夜到着するのでこれから迎えに行きます。

そして今夜はマルナカのオカアサンと息子さんのアレンジで
銀鰈、時鮭、網走ウに、ホタテの生珠、富良野産西瓜などを
揃えて待っています。

どんな話が弾むか、楽しみです。

スイスは質実剛健

スイス研修、着々と準備が整ってきています。
ローザンヌ工科大学のキューン教授が
作ってくれたプランでは朝の7:40に宿を出るという
日程が数日あります。
これは早すぎないかと問い合わせましたら、
遠くから少なからぬ費用を支払ってくる学生たちに
実り多い研修を体験させるには、早起きなんぞなんの
ということで、そういう計画で進みます。

スイスは山国で大国に囲まれていた歴史から
質実剛健、まさに農大生の研修にぴったり!

ページの先頭へ