東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール


パエリアの会
所属:東京農大教職員
性別:男

ブログ最新投稿

2017年04月24日

集合写真

2017年04月23日

新入生歓迎会

2017年04月21日

新3年生も実験開始

2017年04月20日

実験も佳境に入る

ブログアーカイブ

ビール麦

ラウルさんの地ビール醸造は一人でやっているのですが、
沢山の麦を使って様々な味わいのビールを作っています。
ビールの色合いも原料麦の色で代ります。
すこしいぶした麦からは黒いビールができます。
色はブロンド、琥珀色、黒という風に名付けているようです。

そして、酵母は上面酵母と下面酵母の2種類を(別々に)
使っていて、その際に一次醗酵の温度設定も変えています。

 
 
 
 

 

2011年08月31日 | パエリアの会

▲ページトップへ

メトロ

研修中ローザンヌトライアスロン大会があったとき
バスが運行中止になりました。
そこで、予定を変更して乗ったのがメトロ。

その後何度か乗りました。
私が勤めていたスイス国立癌研究所の前に新しいメトロが通っていてバスターミナルが出来ていました。
そして研究所も新しいビルに少し隠れていて、
20年という月日がそこにありました。

若い学生さんにはメトロの駅が似合います。
 
 

 

2011年08月31日 | パエリアの会

▲ページトップへ

ルーカス先生と名残を惜しむ

スイス研修ではプラニングから多大な貢献をしてくれた
ローザンヌ工科大学のルーカス・キューン教授が
ほぼ毎日朝から晩まで同行してガイドしてくれました。
香料会社に行った日だけが我々単独で、16日から26日まで
付き合ってくださいました。
26日がその最後の日で27日からバーゼルに移動するので、
別れを惜しみました。皆と握手をしました。
サンタクロースのような風貌で、けじめのはっきりした
真っすぐな方ですが、優しい説明をしてくれて、
後半には質問をする学生も出てきました。

そうそうベルンでは自然博物館で
アルプスから発掘された世界最大?の水晶をはじめとする
鉱物を見ました。
 
 
 

 

2011年08月30日 | パエリアの会

▲ページトップへ

ラウルさんの地酒

ベルン市内観光では
スイスの国会議事堂の前でルーカス・キューン教授が
スイスの政治形態と歴史についてお話してくれました。
7人大臣がいて、その中から一人のプレジデントがでるのだが、
任期は1年しかありません。ちなみに現在7人の閣僚の内4人が女性だそうです。
その7人もスイスのいろいろな言葉の民族を代表して
偏らないように選出されます。

この下の国会(2院制)、さらに州議会、市町村議会が
すべて、同様の考え方で誰かに権力が集中しないように
制定されていて、そして、国、州、市町村が税金の
それぞれ3分の1位を得ていて、決定権があります。

地震の話題になったときに、決断が遅いことが
災害をさらに大きくするということが話題になりましたが、
スイスの場合には、冷戦中にソ連が攻めてくることを
想定していたこともあって、決断は市町村レベルで
即決されるシステムになっていて、これがスイスが生き残っている
秘密なのだと言って、にやっと微笑んだのが印象的でした。

たしかに戦車でソ連が攻め込んでくるのは24時間も
かからないと言われていましたから、それに攻められた地方が
対処するには、中央の決断を待っていては間に合わない、
そういう想定がなされていたわけです。

キューン先生は今回の研修は技術は科学だけでなく、
国のあり方、歴史などを折に触れて詳しく説明して
くれました。

ベルンはベアルン(熊)ということが象徴になっていますので、
いたるところに熊に像があって、本物の熊も市の中心で
ゆったりとスペースをとった公園にいるのが見られます。
中心街には土産物店がならんでいて、なかでも時計屋さんの
ショーケースでは美しい時計が展示されていますが、
その値段に息をのむ新垣さんをルーカス先生が優しく見ています。


ベルンからローザンヌに戻って、私やキューン先生が
20年前に努めていた国立ガン研究センターの前を
通って、さらに岡の上の地ビール醸造所に行きました。
ここにいくのもハイキングのようなものですが、
途中で雨が降りだしました。
ちなみに今回の研修では雨にたたられることはほとんど
なかったのは幸運でした。
ラウルさんという30そこそこの醸造家がさまざまな麦を
原料として、酵母の種類も検討しながら、あっさりした生ビール系のものから、コクの深いビールまで醸造しています。
ほとんど一人でやっているそうですが、ビン詰めだけは
もう一人いないとできないそうで、それでも一日3000本を
瓶詰めするそうです。



 
 
 
 
 

 

2011年08月30日 | パエリアの会

▲ページトップへ

ベルンとローザンヌの醸造

今日はベルン市内を見て、
それからローザンヌ郊外の地ビール醸造所を見学しました。
酵母が入ったまま二次発酵をするというビールがなかなかいいです。

私のカメラが壊れていて
他の方のカメラから頂かないといけないので、
本日はご報告のみ。

明日の宿ではPCがもっと自由に使えると思いますので
お楽しみに!

写真は昨日のチーズ見学のものです。
 
 
 

 

2011年08月27日 | パエリアの会

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.