パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

卒業論文発表会

本日は4年生と修士の卒業論文発表会でした。
皆さん、工夫して発表がんばりました。

寒禽

シジュウカラ再び。

今回はファイントレイル。
清冽な空気の流れる林の中にいると
ツピーツピー、チッ、チッと小鳥たちが鳴いています。

こんな寒いときにも樹を盛んにつついていますが、
虫がいるのでしょうか?

寒禽の機嫌よかりし日差かな  paella

青春句会

1012年2月12日エコーセンター和室で句会。
 題: 成人式、バレンタイン他、当季全般
10人の学生会員とpaellaで句会、リアルタイムでとても青春の発露の
感じられる句が多かったです。
その後飯鮨を食べる会をいたしました。

階段を上るとつらら伸びている    真尚豊
バレンタインチョコより私をあげたい人 拓也
流氷よもっとこちらへよってこい   徳朗
ドア凍りけやぶり脱出冬の朝     里実
雪蓑を脱ぐ隙もない猛吹雪      真尚豊
変化する君との距離は雪だるま    兵輔
するどさを競って伸ばすつららたち  大成
成人の日大人になるかは僕しだい   大成
ストーブで足の感覚取り戻す     徳朗
ザックザック楽しき雪の音がする   徳朗
成人式いとこの振袖つぎ私      まどか
つらら落ちAニュートンを思い出す  徳朗
恥知らず酔って暴れた成人式     大輝
バレンタインあげるももらうも甘くない まどか
悪くないストーブなしの生活も    翔太
集まるよストーブの前猫たちが    兵輔
ゆきまつり雪に込めたる絆の和    大成
流氷を従え攻め来る冬将軍      理
コタツから出れない私コタツムリ   里実
成人式竹馬の友と語り合う      拓也
雪靴の並びて句会場入口       純一
鷲翔けて外湯の客を煽りたる     純一

飯鮨実習の完成品食事会

食品製造科学研の3年生を中心に
先輩の4年生堀内幹事長と中島副幹事長の手引きで
昨年末に作った飯鮨を食べる会を
飯鮨指導と材料をそろえてくださった、
地元の奥谷さんが企画してくださいました。

旨く出来ていて、例によってほとんど米が見えないくらい
具沢山の美味しい飯鮨でした。
今回はパエリア句会も合同で、
奥谷さんが沢山料理をご馳走してくださいました。
いつもありがとうございます!

流氷

流氷館の展望サイトから流氷を見ました。

なんともきれいです。
寒かったです。

豆粒のごとき二つや流氷船   paella

ページの先頭へ