パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

特別講義

野田亮先生の特別講義は
RECK遺伝子というがん抑制遺伝子に関する
お話で、コラーゲンの分子構造から始まり
興味深いものでした。

その後、喜八にて昼食いたしました。

講義もですが、個人的にディスカッションできて
大変有意義でした。
同級生時代から野田先生には
いつも啓蒙されます。

野田先生ご夫妻をお迎えして

明日特別講義をお願いしている
京都大学医学部教授の野田亮先生と奥様が
本日網走に到着されした。
札幌で行われるがん学会に合わせて
網走にも来ていただいたのです。

大学院生新君と須田君をまじえて
宿泊先の北天の丘鶴雅リゾートで
夕食をご一緒しました。
ハープの生演奏つきのバイキングでした。

明日の講義は11号館2階セミナー室で
10:00ー11:30です。

敬老の日のななかまど

本日は敬老の日とのことで、
マルナカのおかあさんの
ご結婚に至るいきさつや、
大変なご苦労の中で子育てされた
感動的なお話をいただきました。
それはブログの短い文面には
重すぎるお話ですので
ここには書きません。
まさにドラマチックで、小説や映画の
筋書きでもおかしくない位の
感動的なお話でした。

そのあと散歩いたしましたら
ななかまどの葉や実が
色づき始めているところでした。
まだ真っ赤ではありません。

釧路の鯖

今年は鱒がなかなか来なくて困っているそうです。
鮭はけっこう来ているとか。

港にも道を間違えた鮭がうろうろと泳いでいます。
ウグイも沢山いて、釣り餌はほとんどすべて
ウグイに食われます。

しばらく前にマルナカさんの特別のお勧めで
釧路産の鯖というめずらしいものを
試しましたが、ジューシーでとても
美味しかったです。
鯖はパサパサしたものだと思いこんでいた
私には衝撃。
これは釧路沖で海流が混じるためらしい。
しかし、そろそろその味が落ちてくると言っていました。

にもかかわらず、本日ベーシックという食品マーケットで
あまりに見栄えのいい鯖があったので
抵抗できずに、かってきました。
一週間に一度のまとめてする運動である
美幌の温泉プールの帰り道にお店があるので。

3枚におろして、少し味を付けて
焼いたら、美味しかったです。
ちなみに3枚におろすときには
尾の側から包丁をいれて、骨に包丁が
当たる音をきき感触を確かめながら無駄なく
卸すというコツもマルナカで教わりました。
それはお爺さんがおかあさんに
教えたコツなのだそうです。

旬なのは、ごく短い間だけらしいですが、
5年目で北海道産の鯖を初めて食べました。

最終試験

実験の締めくくりは掃除、
そして、コースのしめくくりは
学科試験でした。

暑い中、お疲れさまでした。

ページの先頭へ