パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

200mmレンズがとらえた!

先日は簡易カメラでよく撮れませんでしたが、
今回200mm動物撮影用に使っているレンズを
使って、エゾヤマザクラの樹の鳥の巣穴に住んでいる
蛇を撮影しました。

啄木鳥かアカゲラか、これでは子育てできませんね。
災難続きのアカゲラです。

ところでカメラはオートフォーカスの
性能が優れていて、飛ぶ鳥などがよく
撮影できるものですが、この蛇のように
周りに沢山の枝葉がある場合にフォーカスを
合わせるのは難しいです。
一部はマニュアルを使ったりして撮影しました。

それにしても野趣満点のキャンパスです。

子ヤギの甘噛み

子ヤギは人気者です。

今日は男の子が可愛がっていました。
よくみると、山羊も子犬のように
男の子の手を甘噛みしています。
歯が生えてきているのでしょう。

可愛いですね。

私がカメラを持って散歩していたら
学部長の横濱先生が「何を撮っているの?」
とお聞きになり、「動物とか植物です」
とお答えすると、「家に可愛い山羊がいるよ」
と教えてくださいました。

みんなから可愛がられる子ヤギさんです。

真剣な学生さんの顕微鏡観察

そして、顕微鏡で菌の形態を観察します。

皆さんなかなかいい表情になってきました。
暑いけれど頑張っています。

顕微鏡観察1

学生応用微生物学実験で生育させた
カビを観察しました。

カビを植えるときには寒天培地を
逆さにして、そこにしたから
白金線につけた胞子を一点のみ
植菌するというテクニックで
綺麗なコロニーを作らせます。

黄色のコウジカビはその分生子の色が薄黄色である
日本の醗酵食品で様々に用いられている
アスペルギルス・オリゼーという名のカビです。
きれいに生育しています。

一方植菌するときにプレートを
ひっくりかえしてしまったという方には
青カビが沢山のコロニーを作っています。

カビは本当に飛びます!

先輩の差し入れ

3月に卒業した斎藤君からお中元が届きました。
キューピーのスパゲティーとそのソースの
セットです。

あっという間に学生さんたちがリーチして
なくなりました。

まだまだ暑いこのごろ、
元気つけられます。

ありがとうございました!

ちなみに斎藤先輩は写真の右側で実験的に
醗酵された白ワインを持っている。

ページの先頭へ