パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

まー君ばて気味

大学院生のまー君は
九州男児で高校球児だったとか。
ぶいぶいいわせていたとか、よく
好か〜ん、まーちゃん!とか言われていたそうです。

北海道に来て、何年かを経て、
こちらの肌寒い日の翌日に突然
真夏日になるという
大陸性の気候にやられて
バテ気味です。

夏バテの青年首の細きかな   paella

擬態蛾その2

蛾は結構擬態しますねえ。
夜の生き物なのになんでそんなに
擬態するのかなあ。

これらは昼間活動する蛾なのかもしれません。

紅茶の香り付け

紅茶を淹れるときに、
ときどき、紫色の葉のようなものが
混じっているのに気づいていました。
アールグレイという紅茶です。

紙なのかなあと思っていましたら、
何かの花だということがわかりました。

西澤先生のところにお持ちして
見ていただきましたが、何の花かは
不明です。合弁化でないので、
シソ科ではないだろうとのこと。

紅茶自体も香り高いのですが、
さらに隠し味ならぬ、隠し香が
混ぜてあるのですね。

夏野菜

北海道も夏野菜の季節が本格的になって
そこここに、農家の直売店が開きはじめました。

きゅうりのいぼいぼがとてもごっつい新鮮なもの、
トウモロコシ、べいなす、そして
めずらしいものではカシスの実というのがあって、
酸っぱいけれども、なかなか健康によさそうな
ものです。

キャンパス見学者をお迎えしました

26日土曜日はオホーツクの見学ツアー。
微研も見学コースにはいっていたので、
研究室の説明をしました。

また、学生さんたちは
寒天培地に酵母菌を使って
絵を描いた作品を用意して
見学者を楽しませる工夫をしました。

写真はnabeさんの撮影です。

ページの先頭へ