東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール


パエリアの会
所属:東京農大教職員
性別:男

ブログ最新投稿

2017年04月24日

集合写真

2017年04月23日

新入生歓迎会

2017年04月21日

新3年生も実験開始

2017年04月20日

実験も佳境に入る

2017年04月20日

花見には遠く

ブログアーカイブ

プチ パエリア句会

2015年4月25日(土)
食品香粧1年生の中で、私が担任をしている
学生を招いて句会とパエリアをいたしました。
私が出した農大パソコンメイルを
見ていない人が多くて、結局
来てくれたのは、二人だけでしたが、
楽しい会でした。
 

新生活不安半分夢半分  美有
春がくる私のこころむずがゆい 葉瑠香
雪が溶け足元にぎやかふきのとう 美有
暖かさ眠気を誘う授業中    美有
あたたかな風がふくなりすぐ夏だ 葉瑠香
麗らかによく笑う子や召し上がれ 純一
進級のすなはち娘盛りかな   純一



一句目と二句目はほとんど同じ
新入生の若い学生の春の少し落ち着かない
気持ちを描いていますが、
それぞれに表現は異なっています。

俳句って面白いと思いませんか?


 

 

2015年04月26日 | パエリアの会

▲ページトップへ

本年度第一回目のサークル句会

本年度はじめてのサークル句会が新幹事の遼君の
アレンジで開催されました。

2015年4月24日(金)第1回句会、学生会館にて

 吉田真尚豊、岡野仁美、岡田直樹、阿部遼、川嶋康康久(地域産経3年新人)、中川
 不在投句:植村まどか(卒業生)、服部湧気

窓越しに桜の点と雨の線     遼
夜の闇散る花びらに月光る    康久
今の友入学式の横の席      真尚豊
空高く私は此処よと雲雀鳴く   まどか
しじみ汁苦手なはずだが温かく  遼
とうとうと歩道を流れる雪解川  仁美
頬濡らす雨も暖かし春嵐     直樹
見てみたい水面に映る逆さ桜   湧気
雪解けが制限時間に感じている  遼
歩道にも急な坂にもふきのとう  遼
春宵の自動ピアノが独り鳴り   純一
何にでも一所懸命蕗の薹     純一
遠足に行く子の足は止まらない  康久
目が潤み口だけ笑う卒業式    まどか
吹き荒れて木々をしならす春嵐  仁美
肌に雪心に桜の入学式      直樹
縮みゆく白い山見て春間近    真尚豊
様々な色を重ねよチューリップ  康久
雪解けてぬかるむ道に靴汚れ   仁美

 
 
 

 

2015年04月25日 | パエリアの会

▲ページトップへ

いつも明るく

海外への飛行機の手配など
結構ややこしいものを
なるべく安価で安全にやってくれているのは
網走に支店のある大手旅行社に勤めるTさんです。

私が頼むものなどは、結構ややこしくて、
他では難しいものも整えてくれています。

それに、私達の農大ブログや研究室ブログも
見てくださっているのも心強い!
 

 

2015年04月24日 | パエリアの会

▲ページトップへ

この春就職戦線の変更によって
4月半ばというのに
4年生がほとんどいなくなってしまいました。

理科系の大学教育が崩壊しそうです。
どげんかせんといかんですわい(ということが多い)

それでも春はきていて、水芭蕉は網走湖畔に
咲き始めていて、蕗の薹はそこここに顔をだし。

白樺は春の日差しに輝いています。

そして、窓辺にも小さな春が。

キャンパスには1年生がわんさか!
 
 

 

2015年04月21日 | パエリアの会

▲ページトップへ

缶入りチョコ

ケンブリッジの町で評判の
ティールームに行ったときのことです。

とてもいい感じで、帰りにお土産コーナーに
いくと、綺麗な化粧缶にはいったお土産が
いくつもあります。

私はケーキを選んだりしていたら、
娘から
「おとうさん、これ、買いなよ。」
と勧められたのがこの缶入りチョコです。

「えっ、どうして?贈り物に?」
「そうじゃなくて、自分のために。
あき缶も何か入れるのに使えるでしょ!」


というわけで買い求めてきたのですが、
なんとなく、食卓で、際立ってしまって。

コーヒーでも淹れますか、という感じ。
 
 

 

2015年04月20日 | パエリアの会

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.