パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

地物とスイスワイン

今日は原稿書きをいくつか済ませ、
それから大学院生や学部生に手伝ってもらって
あと3週間ほどで来日する国費留学生の
アパートの家具を最終的に整えました。

そして、スイスのシャスラワインに合わせて
まずはサロマ湖の牡蠣を蒸して
ぷりぷりのところへ白ワインを少したらして、
レモンを絞って。
それから大空町の農産物直売所で買った
赤パプリカ、網走産生椎茸、
そして、道産の南瓜と玉蜀黍、
玉葱、人参をたっぷりいれた野菜スープ。
この中で北海道産でないのは、薩摩芋だけ。

そして、網走産の鱧の焼き物。


満足な夕食でした。

スイスから来たシャスラのワイン

もともとスイスに13年間住んでいたことが
あるのですが、数年前に、農大生20人を
引きつれて、短期留学プログラムの引率を
いたしました。
その折に、レマン湖畔のワイナリーを
訪れて、生産量が少なくて外国には出ないが
とても旨いワインを作るシャスラという
ブドウ品種の話を聞きました。

今回スイスに旅行したFさんから
貴重なお土産として、
シャスラの白ワインをいただきました。

夏休みに呑みすぎたので、9日ほど
断酒していましたが、今夜は
シャスラ!

マルナカさんから仕入れた、牡蠣のワイン蒸し
(これは別のテーブルワインの白を使いました)
まずはそこからスタート。

辛口のいいワインです!

マンターホン心に酌んでワイン秋  paella

ランチ女子会

微研の学生コーナー。

全員女子で、昼ごはんです。

男子学生はどこへいったのだろう。

♪♪ Where have all the boys gone, long time passing.....

秋雲

涼しくなってきて、
空の雲の形も秋めいてきました。

鰯雲拡がり何もはじまらず    Paella

二十代のはじめ頃に詠んだ句です。
青春の蹉跌を表していると評されました。

いまオホーツクキャンパスの校塔を
仰ぐと鰯雲が広がっていますが、
爽やかです。

キムワイプのサニ

サニブラウン選手の陸上競技の
活躍が話題になっています。

廊下を歩いていて、
なんだかサニの雰囲気の学生がいて、
思わず、「背が高いなあ、バスケットボールでも
やっているのかい?」と声をかけてしまいました。

なんだか、とても運動神経がよさそう!

動物バイテク研究室(御隣)の学生さんでした。
ト ユーワケデ
キムワイプのサニ、と名付けました。
(モイシーセンセーのスタイルで)

ページの先頭へ