パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

藤女子高生による地産地消ラーメン

本日北見藤女子高の開校60周年式典がありました。
これを記念して、生徒による企画として
商品化するラーメンが3年前から念入りに準備されたそうです。

そのラーメンの商標は、
わたくし、
北見藤女子高校で
生まれました
ラーメンなのですが、
いかがですか?
というものです。
つまり、味噌ラーメンとか、そういった名前ではなく、
この長〜いネーミングに特徴があります。
このラーメンには北見産の
小麦品種「つるきち」がブレンドされていて、
薬味の玉葱も北見エリア産です。
さすがにたれは、魚だけというわけにはいかずに
豚骨を中心の醤油だれです。
という食品開発を、小麦粉のブレンドの決定や薬味の加工、
たれ(スープ)の調整を科学部と調理部の生徒が、
パッケージ、商品名やデザインを美術部の生徒が、
そして開発ストーリー広報、リーフレット作成を
生徒会が中心になって、連携して完成にこぎつけたそうです。
それを生徒たちが発表しました。
もちろんその活動を援助した先生方、そして
江別の製麺会社・菊水、たれの製作にかかわったベル食品など
多くの人々がサポートしたそうです。
とても感動的ラーメンなのでした
本日が試食会で明日から北見の
店で販売開始で、女子高生も販売に関わるのだそうです。

2回目の試み

ジャム作りの2回目。
650gの林檎(全体の重さ)に対して
今回は180gの砂糖に減らしました。

2回目の気楽さからか、色が少し薄いのは
皮をヘラで潰して色を出す操作が少し
ゆるかったからかも。

相変わらず甘いです。

スイスの友人からスーパームーンの写真が
到着。なかなか傑作です。

さて、本日はこれから北見藤女子校の開校60周年
記念式典に参加です。
そのあと、女高生さんたちがつくった
地元ラーメンを試食する催しがあるそうです。

では、よい週末を!

大学院合格発表と胴上げ

先週行われた大学院I期入試の結果が
発表されました。

微研では修士に2名合格。

恒例の花束贈呈と、
それに続く胴上げが行われました。

大学院で一層研究に励んでください。

今回進学について決まっていなかった方、
また今回不合格の方々のために、
II期試験は来年2月にあります。
外国人の方も2月受験歓迎です。

きりぎりす

キャンパスを歩くと、
青バッタが歩いていたり、
ギースチョン、とキリギリスが鳴いています。

それも急に寒くなってきて、
声が少なくなってきました。

冬が駆け足でやってくる。

もとい、少し気が早いですね、収穫祭は
秋のお祭り、第2週の週末です。

ページの先頭へ