パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

ノルディックコンバインドでも入賞

インカレ続報です。

昨日のインカレノルディックコンバインドで1年の宮崎翔太君が10位に入賞しました。

ノルディックコンバインドというのは、
ジャンプとクロスカントリーを合わせた競技です。
北欧では、キングオブスキー といわれています。
前半ジャンプが9位、後半も粘って走り抜いて10位入賞をはたしました。

ジャンプとクロスカントリーを組み合わせるというのは
なかなかすごいですねえ。

雄姿をごらんください!


オホーツク・スキー部 第89回インカレで優勝!

速報です。

第89回全日本学生スキー選手権大会30kmクラシカルで、
食品香粧学科1年生の内田亜汰留君が優勝しました。
また、主将の市村耕太郎君(地域産経学科4年)
も7位入賞と健闘しました。

文武両道を地で行ってくれる大活躍です。
競技大会はまだ続いていて、
明日も活躍が期待されています。

うどの芽のてんぷら

流氷が近くまできているので、
市場から魚ははいってきません。
流氷が少し退くと
その氷の下の海胆はとれるようです。
マルナカの宏さんは、
「流氷海胆」のような商標を
つくったらよいのに、と言います。

魚はないけれど、おしゃべりしに行きました。
夕方なので客もなく、1時間位
宏さんとオカアサンと話しました。

そのなかで、キンピラゴボウを作るという
ことを話しましたところ、
宏さんが、牛蒡でなくて、独活でやるのが
断然美味しいということ。

食べたこともないというと、
ハウス栽培のものだかと
独活を出してくれました。

その皮の部分をきんぴらにするそうです。
そして芽は天ぷらだというのです。

そこで、ほとんどやらない天ぷらを作ってみました。
とても美味しい!

写真にうつす前に食べてしまった
芽の頂点の部分は特別おいしかったです。

松原さんの卒業

大槻理化学という会社の農大オホーツク担当を
ずっとしてくれていた
松原さんが、
このたび新たな人生設計に基づいて
巣だっていくことになったそうです。

とても丁寧で、真摯で、大変お世話になりました。
また、このブログや研究室HPを見てくださっていました。

これからもどうぞお元気でご活躍ください。
これまでありがとうございました。

記念撮影では、感極まった松原さんと
後任の小澤さんと、博士を卒業する新君が
一緒にうつりました。

  流氷の沖に輝くわかれかな   パエリア

池ちゃん修士論文発表

われらのシーサー、
チェケラッチャ(Check it out, you!)
の池原君が修士論文発表を行いました。

ワインアロマの産生と酵母遺伝子発現の関連性についてです。

このような実験はブドウの種類、その収穫年などで
変わる要素が多く、地道なものでした。
4年生のHさんも彼を支えて
ガスクロマトグラフィーや質量分析に
力を発揮しました。

とっても人気者の彼も
修了して巣だっていきます。

ただ、彼はワイナリーに勤めることが
決まっているので、これからも
いろいろ連絡することがありそうです。

ページの先頭へ