東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール


パエリアの会
所属:東京農大教職員
性別:男

ブログ最新投稿

2017年04月24日

集合写真

2017年04月23日

新入生歓迎会

2017年04月21日

新3年生も実験開始

2017年04月20日

実験も佳境に入る

ブログアーカイブ

年用意

マルナカさんでは
神棚の飾りを新しくして、
年越し準備の真っ盛り。
倫理学の先生でもあるチカユキ先生が
色々指示して、得意の年用意です。

オカアサンはサイズは小さいが、
肉づきのよい鱈を、さばいてくれました。

さらに、私のために銀ガレイを取っておいてくれて
これからゆっくりと干して、年末年始の
おかずに作ってくれます。

注連飾る匂ふがごとき草色を  パエリア
 
 
 
 

 

2016年12月29日 | パエリアの会

▲ページトップへ

フォンテンブローのショコラ

いただきものなのですが、
何やら素敵な箱にはいっています。

Frederic Cassel Fontainebleau
と書いてあります。

フランスのチョコレートみたい。
明けてみると、なんだか楽しくなる詰め合わせ。

食べてみると、やわらかくて とても美味しいです。

本場スイスのチョコより、凝ったかんじ。
一方、スイスのはスイスのもので、
本来のチョコレートの美味しさをしっかり守っていますが。
あっと、最近はベルギーのチョコが人気かもしれませんね。
あっと、日本のものだって美味しいです。

チョコレートは美味しいが、
あまり沢山食べるわけにもいかない......
まっ、一日一度コーヒーのお伴くらいなら........

そういえば、「ダイエットは明日」、という
確か入試課のブログがあったはずですが、
最近あまり見ませんね。
復活するかもしれませんが。
 
 

 

2016年12月27日 | パエリアの会

▲ページトップへ

納会

本日大掃除&納会でした。
12月30日は遠藤先生の誕生日ということで、
バースデーケーキ、そしてプレゼントの
鮭釣り竿などが贈られました。

その他、
今年流行の逃げ恥ダンス。
センテンス スプリングなど、
盛り上がったのでした。
 
 
 
 
 
 
 

 

2016年12月26日 | パエリアの会

▲ページトップへ

藻琴のしじみ

昨日やっとこさ網走にもどって、
今朝は雪掻きを1時間半位いたしましたら、
前後で体重が1kg減りました。発汗の分です。

さて、夕刻、ポストにでかけた帰りに
マルナカさんに寄りましたところ、
藻琴湖のしじみがありました。

これ、絶品なのです。

はまぐりみたいな、というと大げさかもしれませんが
しじみ、という概念では考えられない大きさで、
味がまたとてもよいのです。

マルナカさんも年末の配達で航空便を
使ったものは届かなかったりで大変のようでした。
でもなんだか、色々な商売柄クリスマスケーキを
買ったとかで、二つも大きなケーキがあって、
明日日曜日だけれども店明けるから
コーヒーでも一緒にケーキ食べましょうと
誘っていただいたのでした。

お店に繰り返し行くというのは、
一にその店だから得られる美味しいものがあると言う場合。
二に行くと楽しい、かんじのよい店であるという場合。
このどちらかですけれど、さらに
三に、近いので、気が向いたらすぐに行ける
ということもあります。
3つとも揃ったマルナカさんにはいつもお世話になっております。
そうそう、昨日やっとこさ東京から戻った私の居間に
灯りがついたのをみて電話をくれて、
私のためにソイの刺身をとってあるとのことで、
この刺身がまた美味しかったのでした。

では今夜は、あれですね、
藻琴の絶品しじみの味噌汁と
まだあるソイの刺身と、他に銀ガレイかなにかムニエルにして、、
クリボッチながら美味しい夕べになりそ!
 

 

2016年12月24日 | パエリアの会

▲ページトップへ

網走にもどれていません(*_*)

共同研究などなかなか有意義な出張だと
思っていたのですが、本日暴風雪で
北海道行きはほぼ全滅で欠航でした。
明日の便を予約しましたが、明日も暴風雪との予報ですので、
明後日帰ることができればラッキーという位です。

ああ、それで戻ったら戻ったで、
雪に埋もれている車を掘り出さないとならないでしょうし。
つらい渡世です。

そんな私を励ましてくれるのは
友人たちの笑顔です。

とびきりの笑顔はバイオサイエンスの新村先生です。
私がすすめたエスプレソマシンが活躍していて、
一杯ご馳走してもらいました。
 

 

2016年12月22日 | パエリアの会

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.