パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

紅葉美しきキャンパス

今朝は北海道では氷点下になった地域もあったそうです。
朝晩の冷え込みが厳しくなるにつれて
紅葉も色揚げしてきます。

オホーツクキャンパス駐車場の紅葉は今が見ごろです。

収穫祭用のゲートの設置が始まっていてその遙かに斜里岳がそびえています。

そしてモスラも。

イングリッシュ・カフェでミニパーティー

本日イングリッシュ・カフェ・イン・オホーツクには
メンバーの浅里さんがケーキを持って登場。
理由は指導役の留学生トーレスさんが
8月に一時帰国して、結婚したことのお祝いです。

というわけで、本日は結婚記念日やお祝いという話題が
でて、そのあと、カナダに語学研修短期留学をした
縫部さんの報告があり、大いに盛り上がりました。
みなさん英語で話すことがかなり自由になってきている
ように感じられます。

またマレーシアに長期留学していた高橋さんも帰国して
次回から復帰してくれるそうです。

赤まんま

犬蓼というのが、その名ですが、
実が着くと、赤い飯みたいだからでしょうか
「赤まんま」とよばれている野草があります。
寒さにも強いようでキャンパスでも見かけます。

それが、沢山群れているところは、
なんと牛糞の上。

牛糞はあまり、うんちくさくないので、綺麗好きな
スイスの放牧場でもそのままになっているのを
ハイキングしていて、見たことがあります。
つまり、正規のハイキングコースの中で
カウベルを首につけた牛が放牧されていて、
一種の観光牛の役目も果たしつつ暮らしていたのを
思い出します。
(パエリアは1984年から足掛け13年にわたってスイスに
住んでいました。)
話を戻しますと、牛糞は、赤まんまには栄養豊富なよい環境のようです。

こうして動植物や微生物が共存してきた地球。
なんとかこの美しい星を平和に存続させたいものです。

 牛糞に群れて掲げて赤まんま  パエリア

秋の蝶

本日大学院I期入試です。
晴れていて、風が少しあります。

このところ盛んに網走近郊で飛び回っている
クジャクチョウが今日もそこらじゅうにいます。

表はクジャクの羽みたいで、裏はほぼ真っ黒です。
風があるせいか、なかなか翅をとじないので、
つまんじゃいました。

漆黒の翅を立てたり秋の蝶   パエリア

ちなみにこの蝶は成虫で冬越しをするらしく、
春先に雪がとけて蕗の薹が咲くころに
もう出てきています。
今は、冬越えのために、準備しているみたいに見えます。

谷村杯ドッジボール大会

本日食品香粧学科研究室対抗の
ドッジボール大会がありました。

懇親、研究室横断型交流を兼ねている恒例の
スポーツ大会で、晴天ならソフトボール、
雨ならドッジボールです。司会者は微研担当。
総当たり戦です。
なんと微研が優勝!
有終の美を飾りました。

懇親会はセントラルホテルで盛り上がりました。

ページの先頭へ