パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

ミニチュア アトリエ

食品香粧学科会議室の入り口に
かわいらしいアトリエが出現。

学科秘書の斎藤さんが
ミニチュアの椅子とイーゼル、
それにお花まで添えて飾ってくださって
素敵なアトリエになりました。
イーゼルは新に塗りなおしたそうで
シックな色合いになっています。

テーマは毎日楽しい!

空澄む

一昨日の雪がすっかりなくなって
美しい秋空となりました。

運動場の野球部の練習も軽快です。
ターミナルの紅葉も綺麗。

そして斜里岳が大学から望めます。

今週は学生さんの軽食カフェが開かれて
私も「はぜ屋」コーヒーをいただきました。
エチオピアという豆でとてもこくがあって旨い。

空澄んで午後のコーヒー旨きかな  パエリア

徳朗君NHK「俳句王国が行く」に出演へ

NHK放送局では「俳句王国が行く」
という番組を各地で展開していますが、
11月に北見市で行うという連絡が来ました。
つきまして、パエリアの会から数年前に
卒業して弟子屈の川湯温泉町に住んで
仕事をしている徳朗君が
行くことになりました。
たまたま今日は休日で、遊びに来てくれました。
彼が学生だったころに、現在ポスドクとなって
戻ってきている新博士と、一緒に総務部活動を
していたというので、記念撮影をして昼ごはんを
3人で食べ、さらに学生カフェでコーヒーを
いただきました。
楽しみです。
写真左が徳朗君、右が新博士。真ん中はパエリア。

ボタンエビ

昨日マルナカのオカアサンが
提案してくれたのは、
網走では年に一度しかはいらないという
ボタンエビ、それに、加えて、オヒョウの刺身、
それから大きな蛸がはいったので
茹でたというのですが、あまりに大きくて
脚を買ってもとても食べ切れないというので、
頭の部分を細くカット。
というわけで、昨晩は刺身定食。
ボタンエビがとても美味しかったです。
付け合わせは、これも網走産のしじみの味噌汁。
そして納豆。
つつましく、いただきました。

留学生向けの日本語講座

オホーツクキャンパスで、はじめて、外国人留学生のための
日本語講座が本日と明日、終日集中で行われています。
アルクという会社が仲介していて、
日本語講師の方が東京から見えていて、
丁寧に教えてくれています。

学生の数がすくないので、レベルに合わせて
指導してくれていて、よかったです。

オホーツク国際化がワンステップ上がった
そう感じさせるイベントで、関係者の皆さんに
感謝です。

ページの先頭へ