パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

つくし

学科のI先生が土筆を食べるのがお好きだそうです。
よい天気なので散歩してみるとあちこちに群れています。

結構大きな毛虫がいるのには驚き、
ちょっと前まで雪が積もっていたのに。

気温が上がっているので、水蒸気のためか
遠い山の景色はかすんでしまっていますが、
桂台の無人駅の向こうには鯉幟が風に躍っていました。

  鯉幟無人駅より仰がれて  パエリア

台町では二階のベランダから鯉幟を
吊るそうとしている人が見えて、
なんとなくO先生っぽかったです。

サクラソウ

大家さんは沢山の花を育てています。
毎朝そこに水をやりながら観察するのが楽しいそうです。
私もゼラニウムや砂漠の薔薇を分けていただいて
窓辺で花を咲かせています。
それで、私が花を咲かせるのが結構上手だということが
わかっていて、今回は春先の象徴みたいなサクラソウを
いただきました。
可憐です。一緒に植えてくれたのは、蕾を上げていますが、
おそらくミニチューリップです。



旬の生昆布

帰り際にマーケットによると、
釧路産の生昆布というものが
お魚売り場にあって、
つるつると輝いて、私の目をひきました。

購入して味噌汁に、豆腐とともに
いれてみると、
これが、とても美味しい!

春らしいお味と食感なのでした。

キャンパスの花

日曜日は気温1度まで下がって
まだまだと思いますが、急にさまざまな
花がキャンパスでも咲きだしました。

ブルーはエゾエンゴサク。
白はサフラン。ちなみにこの草は、葉が行者にんにくと
似ていますが、毒草なので、食べられません。
一方で、花粉は香辛料となりますので、
なぜ毒をもっているのか、残念なことです。

早春のお刺身

オヒョウという、巨大なヒラメののうな魚がいます。

これが刺身でけっこういけます。
マルナカさんおすすめのオヒョウの刺身。
おおかたはお寿司屋さんに出てしまったみたいですが、
少しパエリア用に残してくれていました。

お店には巨大なホッケの一夜干しもありましたが
あまりに大きくて、それは遠慮しました。

ページの先頭へ