パエリアの会
(オホーツク俳句サークル)

野の花

こちら網走、相変わらず肌寒い日々です。
晴れると暖かくなりますが、風はひんやり。
散歩にでると、雨が降り出しました。
それでも7月は一斉に花が咲く時期です。

キャサバ スウィーツ

キャサバのケーキなるものをいただきました。
東南アジアではキャサバは広く食べられている
お野菜ですが、ケーキというのは知りませんでした。

やさしい甘さで、食物繊維も食べられる。
コーヒーのおともですね。

奇怪な生物?

週末に久しぶりに網走港に行きました。

魚は減ったみたいです。

港に沢山のとがったものが落ちているのを
見ました。
仮面のようでもあるし、宇宙船みたいでもあり、
大きさは3−5cm位なもので、
かっちかちに堅い。とがっていて、真っ黒です。

おそろしくなって写真だけとって、
アクアバイオ学科の千葉先生に
海洋生物にこんなおそろしいものが
いるのか聞いてみました。

答えは、「菱の実」とのことです。
かちかちになる前には中身を食べられるのだそうです。

とがっているのがすごい。
忍者の「撒きびし」もここからきている
ようだ、とのことです。
それを聞いて納得しました。

でも菱は淡水の湖沼に生息するもので、
大量に海辺にあるのは、いまだ謎です。
(追伸)過日地元の方から、菱は網走湖荘の前あたりの
網走湖に沢山はえていると聞きました。
網走湖で花を咲かせて、実を付けた菱が
この長雨で流されて、河口から海にでて、
さらに港に押し上げられたというのが
実態だったようです。

最終日のパエリア!

ペニュリア先生の最終講義日には、
黄色ブドウ球菌と薬剤耐性について
講義していただきました。

そして昼はパエリア!
喜んでいただけました。
5人で、およそ6合の米を使ったパエリアを
食べきりました!

フィリピンからのお客さん

博士後期課程国費留学生のGさんの、
修士時代の先生のペニュリア博士に
講義をしてもらい、また博士審査員の一人として
来ていただいています。

論文発表会が終わって翌日、
まず一回目の講義をして、
森の中のお蕎麦やさんで昼食。

一週間で3回講義してもらうのですが、
次の中日にはエクスカーションで知床へ。

ページの先頭へ