ランドスケープの広場
(造園科学科)

農大スクールバスはどこまでも。

田植え等の活動を通して,(必ずしも農学科的ではなく)景観も生物の多様性も一緒に保全しようという造園学的あるいは環境緑地学的活動は,どんな場所にでも行ってしまいます

来月(2010年6月)には農大と相互協力の協定を結ぶことになった福島県鮫川村での,農道とトタンをかぶせた茅葺き民家と,ちょっと似合わないかもしれない農大スクールバスです

2010.5.31  by K2

実学の現場

川崎市と造園科学科の共同プロジェクト。
ちゃくちゃくと進行中です

調査区を設置し、ササを刈り取り、植物を調査

そして最後はターザンごっこ
・・危険ですのでマネしないでください

by Y

緑のフォーラム→マイルストーン

5/29、造園科学科の同窓イベント「緑のフォーラム」が、百周年記念講堂にて開催されました

OB、OGのみなさんや現役学生など、大変多くの方にお越しいただきました

佐野藤右衛門さんの特別講演からはじまり、造園大賞受賞者の皆様の講演などの後、恒例の儀式です

そう、一昨日必死で磨いたマイルストーンに集結し、上原先生が大好きだったお酒「澤乃井」を堪能しました

同窓生の皆さん、お越しいただきありがとうございました 今後ともどうぞよろしくお願いいたします

by K

De la FRANCE N°37:La Tour Eiffel

〜フランスから No37:エッフェル塔 〜 
※1月23日No18:Beauneから通し番号がずれていました。ということで今日はNo36でなくNo37。

木曜日。キャンパス行きの路線バスは、いつもと違うルート。通行止めになって、警官がたくさん並んでいました。夕方のニュース曰く、サルコジ大統領がボーベの学校の視察かなにかで来ていたようです。
**********************************
先週のシャンパーニュ行きの前後はパリに宿泊しました。
贅沢に聞こえるかもしれませんが、これはとても大事なこと。
プロドライバーにお願いしていたので遅れるわけにはいきません。
フランスの国鉄は、遅延やストや故障やらであてにならないのです。定時運転率をあげるのが今年の課題だと、交通担当大臣は言っているらしいのですが。
2月にシャンパンセラーの予約をして出かけた時の話。パリを出た列車は5分ほど走って立ち往生/30分後に機関車の故障のアナウンス/1時間じっと待ったあげく/パリへ引き返し/後続の列車で2時間遅れの出発/おかげで見学はキャンセルすることに。
そう言った意味では、今回のシャンパーニュ・ブドウ畑巡りは、まさに「念願の」でした。

さて、折角、朝早くパリにいるのだったらそれなりの楽しみを…。
と、出かけたモンパナスタワーでの“フランスで一番高い朝食”。
なにせエッフェル塔とほぼ互角。
ちょうど朝日に染まり始めた美しいパリの街の絶景を眺めながらの朝食。
……「高い」と言っても、値段ではなく地上高です。
フランス一高い210mのこのビルの最上階に近い56階のレストラン。
その名も日本的に言うと「パリの空」。
ランチやディナーともなると、おめかししたほうがいいかもしれないシックなレストランですが、朝食は予約なしでも大丈夫。確かに朝食にしては値段は高いかもしれませんが…。
しかし、ここの朝食代からこのタワーの展望台の料金をマイナスして、お客さんもまだ数人しかいない開店直後のこの眺望の良いレストランの静かで落ち着いた雰囲気を加味すると、安ホテルの朝食や街中のカフェ&クロワッサンよりも安い、というのが私の付加価値計算。

優雅な朝食をとった後は、街歩き。
街のかしこからエッフェル塔がいろいろな顔をのぞかせます。
建設当時は、批判も多かったエッフェル塔も、今やパリ、そしてフランスを代表するランドマークになり、ちょうどこの季節に咲き始めたマロニエの花に包まれるように、国民や世界の人から親しまれるようになりました。
しかし、展望台の高さはフランス一とは言え、展望レストランの高さではモンパナスタワーに抜かれてしまったエッフェル塔は、「でも私が(女性名詞なので…)一番よ」と、アンヴァリッドの大砲を引っ張り出してだだをこねています。そんなエッフェル塔を、アレクサンドル3世橋のいたずら天使が蹴飛ばそうとしますが、教会さんは「そんなことしたらダメよっ」って、天使の足先にちょっとだけお灸をすえていました。

街の使い方をちょっと変えると、グッと優雅な時を過ごすことができます。
物語を作りながら街をまわってみると、いつもと違った面白さがでてきます。(S)

マイルストーン磨き!!

今日は・・・

明日開催される「緑のフォーラム2010」に併せて、

毎年恒例の「マイルストーン磨き」を行いました

東京農業大学の「魂」です

ピカピカに磨き上げねばなりません

先生たちも磨く手についつい力が入りますっ!

投稿者:T

ページの先頭へ