ランドスケープの広場
(造園科学科)

露草。

ツユクサ(露草)の花をビオトープで見つけました

普段は遠くからしか見ない花ですが,近づいてジックリ見ると美しいものですね〜

実は,最近,デジタルカメラを活用した自然観察が注目されています。なぜなら現地で生のものを見ることに加えて,ルーペなどよりも拡大した映像で 「おさらい」 「ふりかえり」 等と呼ばれる復習や別の新しい発見ができるからです


2010.7.8  by K2

木の幹の表情と風格。

神奈川・平塚の里山で見つけた木の幹(切り株)です

曲線の表情が豊かで,独特な雰囲気が風格を醸し出しており,思わず見入ってしまいました

蔦も絡んでいて一服の芸術作品を見ているかのよう


2010.7.7  by K2

今度はベニシジミとドクダミ。

ドクダミは,葉を揉んだりすると強烈な匂いが特徴的な草本(そうほん)ですが,触らなければ綺麗な花をつけます

そこにベニシシミが飛んできました。7月2日に続き,こちらも珍しいコラボレーションです

ベニシジミは特にドクダミの蜜を吸うわけでもなく,花弁に止まっただけでした


2010.7.6  by K2

今年も咲いています!

昨年に続き、ネズミモチの交配実験

怪訝そうな顔をして通り過ぎる人
何をしてるんですか?と尋ねてくる人

いろいろな花粉を付けて、種子生産の有無を確かめています
実に地道な・・いえ、大切な研究です


by Y

農の風景。

神奈川県平塚市の西部に広がる台地の畑です

地形に沿ったゆるやかな曲線と,畑の効率的な直線の対比がとても美しいと思いませんか

これも耕し続けていないと維持されないものなのです

食糧自給率アップは,多少の値段アップにも繋がってしまうかも知れませんが,実は日本の風景を守ることに繋がっているのです


2010.7.4  by K2

ページの先頭へ