ランドスケープの広場
(造園科学科)

そして発表会

3年生の造園総合演習(二)のプレゼンテーション。
金曜日の朝9時から16時すぎまで。
全30班が半期の成果を発表しました。
半期とはいえ、実質3カ月。
しかも、今年は諸般の事情から演習時間外での作業時間と場所に制約があった中での発表。

4月に昨年度の受講生である現4年生が行ってくれた発表を見て、「自分たちにこんな作品を作ることができるのか?」と不安をかかえながらも取り組み始めた演習。

しかし…

この日、発表された作品は、班ごとに個性のある素晴らしいものでした。
その中からのいくつかは今後ご紹介していきたいと思います。
(S)

川場村に行きました(その2)

川場村でのメインイベント 学歌&青山ほとりの練習です

農大全学応援団の団長でもある、造園4年の細野くんが直々に指導

気合いの入った指導に、1年生は驚きと感動(?)のようすでした

みんなしっかり覚えたかな

by K

川場村に行きました(その1)

1年生、フレッシュマンセミナーの一環で、群馬県川場村に行きました

例年は新入生オリエンテーションとして4月に1泊2日の行程で行く場所ですが、今年は震災の影響で残念ながら中止に

その代わりに・・・ということで、今回は日帰りではありますが、1年生+教員、(ほぼ)全員で行って参りました

写真は現地でのフィールドエコツアー、バスの中でのレクチャー、景観のスケッチなどの様子です

短い時間の中でも、盛りだくさんの行程で実施しました

by K

演習発表会に向けて

3年生の演習。
発表会に向けて最後まで最善を尽くします。
演習時間が終わってももうちょっと…

さいたま大宮学生コンペ入賞!!

◆都市計画学会創立60周年・さいたま市誕生10周年記念学生提案競技◆
〜大宮駅東口・人の流れを生み出すおもてなし空間の創出〜

「市長賞」を、小澤亮太君(大学院造園学専攻2年)、植木祈君(大学院造園学専攻1年)、伊藤司貴君(造園科学科4年)、中村慶人君(造園科学科4年)のチームが受賞しました

応募総数70数チーム、作品提出数30数チーム、1次審査通過8チーム。
そして、2次審査では8チームによる公開プレゼンテーション。

最優秀賞1作品、優秀賞2作品は逃しましたが、市長賞2作品の一角をつかむことができました
都市計画、建築系のチームが多い中での健闘。
でも、緑をつかって街とコミュニティの再生をテーマとしているところは、造園らしく 、その作品に“市長”が目をとめてくださったことは嬉しい限りです。

8月中は、さいたま市大宮区役所で展示されるそうです。
お近くを通りかかる際は、ぜひ足をお運びください。

都市計画学会ホームページ
http://www.cpij.or.jp/60th/competition/notification.pdf

(S)

ページの先頭へ