ランドスケープの広場
(造園科学科)

モミノキピンチ!!

我が家のモミノキがちょっとピンチです。
表皮が縦に裂け、中でアリ君たちが・・・

このままではチト不安。
すぐさま私が手を下してもいいのですが、立っている位置が心配。
斜面に近いほうなので、処置を間違うと倒れる可能性も。
斜面の下には民家が・・・
台風で倒れて直撃したらますます厄介。

場合によっては伐採?(涙)
とはいえ、すでに3階にまで届く高さ。
切ると言っても大騒動。

で、樹木の先生にちょっと相談。
症状を告げるとなんとか大丈夫そう。
私の取ろうとしていた対応とほぼ一緒。

早速、外科手術。
といっても、皮剥いで、ぐずっているところを削り取るだけ。
でも、皮を剥ぐと、その下はそれほどでもなく、結構立派な幹が・・・
張りのある、つるつるとした面が出てきて、ほとんどぐずっていませんでした。

ひととおり表皮を少々広めに削り、あとは樹木用のパテで補修。
どうせやるならということで、補修面は表皮っぽく整形をしました。
ん?縦方向でなく、横方向のラインだったかな・・・

でもこのパテ。
先生に紹介いただいたものですが、色がしっくりきます。
DIYで買ったものは、色がオレンジだったので、この大きさを塗ると結構・・・目立つ。
とりあえず終了。
上部の葉先もまだ青々としてピンピンしてますので、まだ致命傷にはなっていないでしょう。
とりあえず、様子を見ることにしてみます。
(S)

G空間EXPO

昨日までの3日間、パシフィコ横浜にて「G空間EXPO」というイベントが行われていました

測量関連の展示会が主な催しでしたが、私の研究室も研究成果を出展いたしました

来場者の方に、研究内容を一生懸命説明

最初は慣れない感じで戸惑いもありましたが、最後の方はかなり流暢に説明できるようになっていました

大変お疲れ様でした

by K

ホタルが棲む環境を考える。

ゲンジボタル(源氏蛍)の光跡です。撮影は東京都八王子市の高尾山の麓で、小仏川(こぼとけがわ)が流れる場所です。結構、水流の早い川でしたが優雅に飛ぶ姿が見られました

ホタルは象徴的な存在として、その他にも光を放たない生き物が同時に存在できる可能性を秘めているということは間違いなく、このような多様な生物が棲息できる環境を守り、時には創造し、育てていきたいですね

2012.6.23  by K2

ブルーベリー

我が家のブルーベリーもだいぶ実がついてきました。
台風にも耐え、ちゃんとついています。
これからは鳥との攻防。

今年は負けないぞ!!
(S)

造園工学演習にて。

この日の造園工学演習は、砧公園での実地調査でした

公園内の各チェックポイントに教員がいて、班毎に周回し、それぞれ説明を聞いたり課題をこなしたりする形で行われました

私のポイントでは、園路の勾配を測る実習を行いました

道具は巻尺のみなので、結構大変

by K

ページの先頭へ