ランドスケープの広場
(造園科学科)

そして金曜【デザイン演習・晴海現地調査】

金曜日は、四年生のデザイン演習。
対象地の晴海を現地調査

まずは模型で、エリアの全体像をつかみ、その後、フィールドをまわりました。

敷地に求められる使い方、周辺との関係、周辺の景観の活用、敷地内の風景の造り方、植栽、排水、舗装のデザイン、照明などなど・・・

大きなスケールから、足元のスケールまで
「今」だけでなく、過去と将来との関係で
今みている、4月の天気の午前だけでなく
季節、天候、時間をこえて、現場を読み解く力を養います。


shin.A

今週木曜は【花壇演習】

今週木曜日は、一年生の「造園体験演習」。

3グループに分かれて、竹垣づくり、樹木剪定、花壇づくりを行います。

私の担当は花壇。
計画系の私でも、現場作業の入口は手ほどきします。
きちんと根付かせる植え方、管理のポイント。

そして、デザイン。
五人ほどのチームの中から実際につくる花壇のデザインを選び、さぁ!現場へ。

でも、実際、並べてみるとイメージと違ったりして・・・

自然素材を扱う造園の現場では、往々にしてあること。

だから

造園では、いい意味で、「現場あわせ」によって、「おさまり」を整えることが大切。
(人間関係もそうです)

さて、どんな花壇ができたかな。
いつまで、綺麗に咲かせ続けられるかな。
世田谷キャンパス百周年記念講堂前にご注目


shin.A

先週は【愛・地球博】

先週火曜日、福島石川町。

そして、木曜日は、愛知でした。

造園学会の関係で

愛・地球博記念公園

ちなみに
博覧会の総合プロデューサーは、農大で造園学を学ばれた涌井雅之さん。
ランドスケープのプロデューサーは、戸田芳樹さん。

です。


最近は、段々畑のような花壇なども造られています。


shin.A

おおきな木の引越し

土曜日は、学科の特別プログラム
「大径木の大型機械移植見学会」でした。

2~4年生の30人が参加。

10m超えのクヌギを抱え上げての移動を予定していましたが、いろいろ事情があり、今回は3mのサルスベリ。

ちょっと残念でしたが、それでも迫力ありました。

shin.A

Japanese traditional Garden now!

「英語による専門科目」Landscape awatching

Koishikawa korakuen now!

台湾、ブラジル、フランス、・・・
12名+教員2名
庭園の専門家と一緒だと、いいネタが入ります。

shin.A

ページの先頭へ