ホップ♪ステップ♪産経ライフ
(地域産業経営学科)

夏休み

こんにちは。自然資源経営学科紹介し隊のさとけんぴです。

この学科の学生は夏休みになると、帰省する人、帰省しない人に分かれます。
僕は1年生のころから夏休みは実家の手伝いのために丸々帰っています。
なので北海道での夏休みは経験したことがありません…

私の地元である山梨県はとても暑い日々が続いています。
毎日、網走の天気を見ていますが涼しそうでうらやましいです。

地元では毎年恒例である小学校の頃の同級生で集まって花火をしました!
21歳になってもみんな変わらないものですね。

網走に帰ったら、収穫祭の準備で忙しくなると思います!「めんどくさいなぁ」と思うときもありますが、やりがいもあり、自分のためと思って頑張ります!

以上、さとけんぴがお送りしました。

とある学生の夏休み

自然の中で静かに過ごすのが好きなエゾユキウサギです。

北海道は観光シーズン真っ盛りで、どこに行っても人だらけだらけなのであまり出歩きたくありません。複雑な心境です...

帰省しないので北海道で夏を過ごしています。屈斜路湖で行われた水泳大会で1Km泳いできました。湖で泳ぐのは気持ちが良く、湖底を眺めつつ、湖水を口に含みながらの水泳という貴重な体験ができました。水温は23℃だったので冷たく寒いということはありません。達成感があるのでおすすめです。

他は摩周湖の展望台から見える摩周岳や知床の羅臼岳に登ったりしました。羅臼岳は曇っていましたが、摩周岳は快晴で展望台とは反対側から絶景を望むことができました。摩周湖の透明度と高さがとても良くわかりました。

今後はデュアスロン(トライアスロンのスイム無し)やツールド北海道、マラソン大会に向けてぼちぼちトレーニングをしつつ、山登り、離島、キャンプの日々です。

以上がとある学生の夏休みの過ごし方でした。

夏の網走の見所

こんにちは。自然資源経営学科紹介し隊のケンちゃんです。

ついに網走でも気温の上昇傾向見られ、例年より早めに夏が訪れそうですね。ですが気温の上下の差が激しい土地ですので、常に体調鵜管理には注意を払ってください!!

今回は7〜8月にあたり観光シーズンとなる網走の魅力を紹介します。

まず初めに景色が7月〜8月にかけてきれいに見える、網走川を紹介します。
(画像1)
もちろんその他のシーズンでもきれいな景色を望むことは可能ですが、夏に訪れると川と木々が心地よい涼しさを届けてくれます。ここで思い切り深呼吸してみてください。きっと穏やかな気分にさせてくれるでしょう。

そして景色とは別にあまり知られていませんが、道東地域はレジャー観光としてサクランボ、いちご狩りがあります。
オホーツクキャンパス近郊にもさくらんぼ、いちご狩りの施設がたくさんありますよ!
(画像2)横山果樹園

是非皆さんも、網走での夏を堪能してみてください!!

授業がない日の過ごし方

こんにちは! 自然資源経営学科紹介し隊のゆきまんです!
今回は大学の授業がない日の過ごし方について紹介します!
まず授業がない日といえば、土日祝日が思い浮かぶと思いますが、大学生は必要な授業を自ら受講するシステムであり、週に3日しか学校に行かない場合もあります。
私、ゆきまんは現在、週3日で大学に通っています! 3年になると単位をある程度取得しているためです。 みなさんも1年生、2年生でまじめに単位を取っていれば大丈夫ですよ。

では、そんな私、ゆきまんは休日に何をしているのかというと、旅にでるか、バイトをしているか、という感じです(笑)。
旅であったら、まだ北海道の行ったところのないところに車で行き、写真を撮ってその場所のものを必ず食べて帰るという質素な旅をよくしています(笑)。
以前は帯広に行き、名物の豚丼を食し、インスタ映えスポットとして有名な「幸福の駅」を訪れました!! 
やはりSNSで映えスポットとして有名なだけあって、多くの観光客が写真を撮りに訪れていました。(写真参照)

一方で、バイトであれば網走ならではのホタテバイトや農家バイト、あるいは定期バイトに出て、お金を稼いでいます!
やはり一人暮らしをし始めてから、身をもってお金の大切さを学んだので、積極的にバイトをして、お金を貯めたら好きなものに費やしたり、、、いろいろな使い方をしています!

社会人になると仕事で忙しくなるから、大学生のうちに遊んだほうがいいという姉の助言もあり、大学生のうちに楽しむためにゆきまんは頑張って稼いでいます(笑)。もちろん体を壊さない程度にですよ!!

農大オホーツクの学生は、都会の大学生活に比べてかなり自由だと感じます!!
好きな時に好きな場所に行って、働きたいときに働け、勉強したいときに集中でき、本当に自由な生活をしています!
網走に一人暮らしさせてもらって、今こうやって自由に過ごせているのは両親のおかげです!
みなさんも自由な生活、あこがれませんか?

日々の生活

自然の中で過ごすのが好きなエゾユキウサギです。

普段、山に登ったり、ランニングやサイクリングをしています。
最近はチトカニウシ山、雄阿寒岳、雌阿寒岳に登りました。ウナベツ岳の様な危険な山に登る技術はありません。

道東は静かに過ごせる場所が多いと思っていたのですが、観光スポットが点在していることもあり、観光シーズンはとても賑やかです。
観光客のいない地元の静かな海や山が懐かしいです。地元である関東の生活しやすさを強く感じています。日常生活を送る上で雪が降ることの利点を見いだせずにいます。
地方は一人一台は車が必要と言われる理由を痛感しています。

良い面と悪い面を知るためにもオホーツクにある大学に来てみるのも良いかと思います。

ページの先頭へ