ホップ♪ステップ♪産経ライフ
(地域産業経営学科)

東京情報大学との交流講義

産業経営学科では、農大の姉妹校である東京情報大と留学生交換と双方の教員による交流講義を実施しています。<br />今年は,情報大の先生が2名来学して講義をされました。併せて、情報大から来ている学生と昨年農大から留学した学生とも交流が深められました。情報大の池田先生、柳田先生お疲れ様でした。

野良いも取り(生物産業ビジネス分野)

オホーツクの畑作は、じゃがいも、てんさい、小麦の順で輪作しています。前の年に取り残したじゃがいもは、越冬しててんさいの畑に芽を出してしまいますが、これをノラいもといいます。2年生の農作業実習では、このノラいも取りに出かけました。片道100メートル以上ある畑を一往復もするとこの通り。

網走郊外の農産物直売場に調査にいきました(アグリビジネス論研究室)

オホーツクの代表作物はじゃがいも、小麦、てんさいの3種類です。これ以外にも野菜栽培に取り組み、9年前には地元のJAが直売場を始めました。3年生の研究室メンバーは年間3000万円以上を売り上げる直売ビジネスのヒアリング調査に行ってきました(7/15)。

オホーツクの初夏

オホーツクのこの時季は本州と違って梅雨がありません。
朝夕は10℃台の前半の涼しさ、日中も20℃台前半としのぎやすい陽気です。畑にはじゃがいもの花が咲き始めました。

オホーツクで自分らしいビジネスモデルを考えよう!

産業経営学科(産経)では,現代社会で重要なキーワード「食」「エコ」「ビジネス」、をテーマに研究しています.北海道の雄大な地で「ほんもの」を見ながら・感じながら,食の安心,環境保全,ツーリズムなど勉強することができます.

ちょっとでも気になったらHPにある産経を紹介するリーフレットをのぞいてみてください.「こんな勉強ができるんだ〜!」とイメージできると思います.

このブログでは,そんな産経の研究室活動や日常の様子を紹介していきます.

産経の学科紹介HPはココを押してね

ページの先頭へ