ホップ♪ステップ♪産経ライフ
(地域産業経営学科)

1年生 乗馬実習 第?弾

何度も延期となった原生牧場での乗馬体験が実施された
本来夏に行う行事だったはずのだが季節が変わってしまい、とても風が冷たかった
牧場に向かうバスの中でふと横を見るとアルパカが全力疾走しており乗客全員が目を疑った
あれはなんだったのだろうか
牧場に着くとたくさんの馬が私たちを迎えてくれた
生で見た馬はあまり動いてはいなかったが、一つ一つの動作がとても雄大に感じ私たちは目を奪われた
馬についての説明を聞き早速馬のもとへ向かった。事前にゼミ内で馬に蹴られるとただでは済まないと聞いていたので怖くも感じたが、みんな穏やかで乗るときも静かだったので安心した
一列に並び出発すると直後に落馬したものもいたが、なぜか馬の止め方を把握している者がおり怪我はなかった。
牧場の敷地内を歩き回りのんびりと景色を見渡せるが、少し走り出すと体中に振動が響き渡り股に力を入れないと尻を痛めることになり、多くの生徒が叫び声をあげながら走っていた
馬一頭一頭をよく観察すると、ほかの馬に威嚇する馬や、列を外れて自由に進む馬、とにかく草を食べたがる馬など個性があるようだった
乗馬などあまり出来ないので今回の体験はいい経験ができたと思うし、何より楽しかった
次はアルパカと触れ合うために個人的にもう一度来たいと思う

(環境ビジネス論研究室 1年 結城直也:網走南ヶ丘高校出身)

1年生の乗馬体験

秋空の下、乗馬体験を楽しみました。
例年だと6月に実施していたイベントですが、長雨で秋に延期。
最初は緊張気味に、おそるおそる馬の背にしがみついていた人も、林越しにオホーツク海の見渡せる絶景を堪能したようです。

見てください、この楽しそうな笑顔・・・

カラフルカボチャ

オホーツクのサロマは湖とカボチャが有名。
最近では緑色だけではなく見ていて楽しくなるようなカラフルなカボチャが増えました。
道の駅には店先におもしろカボチャが天こ盛りです。入り口おかれた家畜の飼料用に栽培された大きなカボチャ。小っちゃくて可愛らしいおもちゃカボチャ。
まずは目で見て楽しんでください。

畜産等施設視察に行ってきました!( 生物産業ビジネス分野)

生物産業ビジネス分野2年生の実習は、すでに2回の農場実習を終え、最後の畜産等施設視察です。まず、オホーツク網走牛乳の「楠目牧場」、消費者に美味しい牛乳を届けるため大変な努力をされています。 <br />次は「中西純情牧場」、この春新しくなったミルキングパーラー、たまたま分娩直後の子牛も見ることが出来ました。牛乳豆腐や、温かい搾りたての牛乳、アイス等もいただき昼食です<br /><br />最後は「グリーンヒル905」で長谷川社長より熱いお話を伺いました。小雨まじりの寒い一日でしたが、実際をみて学ぶことの重要性を感じました。<br />写真は、上から「純情牧場のミルキングパーラー」「生まれたばっかりの子牛」「グリーンヒル905でヒアリング」のスナップです。<br /><br />

海浜清掃へいってきました!

海浜清掃を終えて
今日3時限目のゼミナールの時間を使い海浜清掃に行ってきた
環境課の人の話では今年度も数回にわたりいろいろな団体が清掃を行ってきたそうだが、現地に行ってみる と、やはりちらほらとゴミが見えてきた
特に今の時期は多くの釣り客で朝晩多くの人が出入りするそうで短いスパンでもそれなりにゴミが貯まるようである。
ゴミ拾い自体はみんな和気あいあいといい雰囲気でできたのではないだろうか
ゴミ拾いが終了し、集めたゴミをまとめてみると、思った以上に大量のゴミがあったのがよくわかった。
特に夏休みシーズンに捨てられたと思われるバーベキューのゴミや、今の時期の釣り客が残したと思われるコンビニエンスストアのゴミが多かった。
今回の海浜清掃での経験はなかなかいいものだったと思う
(環境ビジネス論研究室1年今村健亮:静岡県出身)

ページの先頭へ