東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

農大生のより所

こんにちは!
産経紹介し隊のかなっぺです

今日は農大生御用達の隠れたごはん屋さんを紹介したいと思います

「栗の木」という定食屋さんでとっっってもボリューミー!!!

農家バイトやホタテバイトをする食べ盛りの元気な農大生たちが足しげく通っています

定食はすべて600円というお財布にやさしいのです
一人暮らしでご飯に困ったらとりあえずここ!栗の木へGO!!

ちなみに私のおすすめは生姜焼き定食です

※写真は焼き魚定食です。
 

 

2015年05月29日 | 産経スタッフ

▲ページトップへ

網走のお祭りに行ってきました!

こんにちは、産経紹介し隊のしおりんです

昨日は網走市のお祭り、「春カニ合戦」にお手伝いとして参加してきました〜
流氷明けの毛ガニを美味しく食べるイベントです!
当日は晴れていたものの、風が強く手に握っているお金なども飛んでいくような事態でしたが
たくさんの人で溢れていました
東京農業大学の応援団の方たちも来て盛り上げてくれました!

毛ガニを使った料理を提供してくれるお店も多くあり、とっても美味しかったです!
カニのシュウマイやカニのカレーパンや中華まんなどたくさんの種類がありました!

そんな中、私はお世話になっているバイト先のお手伝いとしてクレープを売っていました!
もう本当に長蛇の列で終わりが見えなくこの日は終わるのだろうかなんて思いました

とにかく、網走市には楽しくてユニークなイベントがたくさんあるので是非来てみてください
 
 

 

2015年05月27日 | 産経スタッフ

▲ページトップへ

講義終わりの発見

こんにちは、産経紹介し隊のばたこです。

現在は、一日のうちに日が出ている時間がかなり長くなりました。
たまたま金曜日に集中講義が入っていて、珍しく6時限目まで講義があり
最終便のバスに乗るため、20時近くまで大学構内にいたのですが
時間にして19時40分でしょうか・・・
帰りがけに空を見たら、うっすらまだ明るい!
(なんとまぁ、高感度機能や夜景モードを使わなくても普通に映るじゃないのっ

入学したばっかりの時に、半白夜になる時期もあるとは伺っていましたが
まさかこんな時間まで明るいとは驚きです
北緯44度、雪以外だと実感できることも少ない気もしなくもないですが
こういう事があると、大分北な場所に居るのだな〜と感じます。

教職の科目や部活動や研究などをやっている人でないと
なかなかこんな時間まで学校に居るということも少ないと思います。
ですが、車やバスで通っちゃえば
通学時間はそんなに掛かるものでもないので遅くなっても安心です

ちなみに朝は朝で、明るくなるのも早いので
個人的には、早起きがしやすくなっていいなと感じます。

 

 

2015年05月25日 | 産経スタッフ

▲ページトップへ

子ども心をくすぐる休日

こんにちは、産経紹介し隊の前ちゃんです!


今回は網走市のお隣、北見市にある遊園地「きたみファミリーランド」を紹介します

私は網走に来て3年目になりますが、近くに遊園地があることを知りませんでした
期待に胸を膨らませ、到着。目に飛び込んできたのは、360度回転をするジェットコースターが...
想像以上の迫力に驚かされました


遊具1日乗り放題のフリーパス(¥1,200)を腕に巻き、いざ園内を散策!
親子連れのお客さんが多く、賑わっていました。

メリーゴーランド、コーヒーカップ、ゴーカート、トランポリンなど小さいお子さんが楽しめる遊具をはじめ、ジェットコースター、パットゴルフは大人も十分楽しむことができ、充実しています。


遊び疲れ、アイスを購入しベンチで一服
園内には大きな休憩所が設けられ、売店で買ったものを美味しそうに頬張る小さいお子さんと、それを見守る両親の光景は、なにか温かいものが感じられ、心が休まったのを覚えています。


小さい子に負けないくらい、走って跳んで笑った1日でした!


網走に来た際には是非、お友達と行ってみて下さい
 
 

 

2015年05月22日 | 産経スタッフ

▲ページトップへ

冷やし中華、はじめました。

こんにちは、産経紹介し隊のフジコです

つい先日、友達と一緒に冷やし中華を作りました。
オホーツクに来るまで全く料理をしなかった私にとって
自炊生活はけっこうスリリングです。

夏が来るとむしょうに食べたくなります
今回は友達のススメでトマトを乗せたのですが
な、なんと!劇的に爽やかな風味になりました!

この調子で料理スキルを磨きたいと思っています
 

 

2015年05月20日 | 産経スタッフ

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.