東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

冬休みの思い出

こんにちは。産経紹介し隊のくおっちです

網走ではここ2〜3日続いた暴風雪によって
とんでもない量の雪が積もっています

ところで・・・

昨年末、斜里の漁師の方のお誘いで
チャリティーコンサートのお手伝いに行ってきました!


そのコンサートでは有名ピアニストの西村由紀江さんと
サックス奏者三四郎さんが演奏されました


当日は雪が降り、悪天候だったのですが、多くの斜里の
市民の方が会場に足を運んでいました


私自身、中高と吹奏楽部に所属していたので
久しぶりに生の演奏を聴き、感動しました
 

 

2016年01月29日 | 産経スタッフ

▲ページトップへ

大寒波

こんにちは!
産経紹介し隊のもりちゃんです!

日本全国で雪が降った先週、網走では学校が休校になるほどの大雪に見舞われました

天気予報では積雪150センチ こんな日は危ないので外に出てはいけません

買い物にも行けないので前日にスーパーに食料を買いに行ったのですが、、、なんと品切れ状態でした
(前日までにいろいろ準備しておくことが大切です。)

当日は予報ほど降りませんでしたが、家のドアが開かなくなるほど雪が積もったので雪かきが大変でした
ですが、本州出身の私にとってはなかなか貴重な体験です!笑

これからは流氷が着岸する季節
まだまだ網走の冬は終わりません
 
 

 

2016年01月27日 | 産経スタッフ

▲ページトップへ

卒業論文

あけましておめでとうございます!
産経紹介し隊のざっきーです

大学では短い冬休みも終わり、
授業が始まりました〜!


私は今3年生で、今月末までに
卒業論文のテーマ提出があるので
今ゼミに提出するレジュメを制作中です

私の所属しているゼミでは
卒業論文について何を題材にするか、
中間発表を2〜3回して
ゼミの仲間との意見交換や
先生からのアドバイスを頂いたり…

そういう取り組みを3年次から
ゼミで行っています


今日は外が吹雪いて いるので
無駄に外出せずに家で卒業論文に
ついて参考文献などを用いて取り組んでいます。
 

 

2016年01月22日 | 産経スタッフ

▲ページトップへ

冬休み期間の出来事

産経紹介し隊のしおりんです!

冬休みの間に小樽函館へと旅行へ行きました!

小樽では海鮮丼を食べました
もう本当に美味しくて感動しました!

函館ではラッキーピエロというハンバーガー屋さんと賞味期限30分のクレープを食べ、
100万ドルの夜景
を見に行ったのですが。。。

あいにくの吹雪でした
でも、しばらく待つと段々と吹雪も止んできて少し見ることができました!!

しかしその帰り、坂道が多い函館は道がとても凍っていて、下り坂でおしりから転んで曇り空を仰ぎました
来年は就職活動も始まるし厄を落としたっていうことで良しとします!笑

 

2016年01月20日 | 産経スタッフ

▲ページトップへ

成果報告会

こんにちは!産経紹介し隊のばたこです。

前の記事でも何回か取り上げたのですが、オホーツクフードマイスターのお話です

夏休み直前から、地域の資源を生かした食料の加工品づくりに向けて取り組んでいたのですが、先月とうとう成果報告会となりました。班ごとにいろんなアイデアで加工品を作り、値段やパッケージ、加工品の保存方法など自分たちで考えていきます。

私の班は、とうきびドレッシング を作り発表しました。試作段階では、結構おいしいと思っていたドレッシングも発表会では様々な意見をいただき、商品を作る難しさを改めて思い知りました 特に、私の班はドレッシングだったのですが、pHによる保存期間の関係と味とのバランスをとるのはとても難しかったです。

他にも、商品の値段や販売方法についても苦労しました。ドレッシングは瓶に詰めていたので、瓶で原価が膨らんでしまいました。しかし、販売ターゲットは一般の生活者を考えており、値段が高いと買ってくれないので、いくらに設定しようというのも難しい問題でした。

学年や学科の違う班員と話すのも最初は緊張したりしたのですが、そんな中でもなんとかとうきびドレッシングが完成し、今は面白い授業が取れて良かったなと思います

写真は試作品を作るときの調味料の写真です

実はこれだけいろいろ入れたのですが、種類が増えると原価がかさむので味と値段とのバランスもとっても難しかったのです。

こんな苦労を体験すると、キューピーなどほかのドレッシングは材料いろいろなのに150円くらいで売っていて、大量販売などの要素があったとしてもほんとすごいなとーと思ってしまいます。
 

 

2016年01月19日 | 産経スタッフ

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.