ホップ♪ステップ♪産経ライフ
(地域産業経営学科)

「オホーツク・フードマイスター」試作開発

こんにちは!投稿2回目のクロレッツです。

今回は私が参加した、『オホーツク・フードマイスター』についてご紹介したいと思います。
●「オホーツク・フードマイスター」とは?
 東京農業大学生物生産学部では、学びの場を活かし、地域の食材や原料だけでなく、加工技術や流通・ビジネスまで、オホーツクのことをもっと知り、地域資源を活かすための基礎知識を習得出来る検定(初級・中級・上級)を実施します。
 私が受講する上級コースでは、班ごとに分かれて地域素材を使った試作開発を行います。私の班は、ある工場から加工段階でどうしても出てしまう、食べられるのに捨てられてしまう牛肉の一部を使って、ビーフジャーキーを作る事にしました。温度調節や、薫製時間、硬さなど様々な問題に直面していますが、一つの完成という目標に向けて、こだわりを守りつつ、どう問題を解決していくかを班員で話し合ったり、試行錯誤していく過程に面白みとやりがいを感じています!どのような完成に仕上がるのか、、、楽しみです!(๑✧◡✧๑)

大自然を身近に感じることができるオホーツク

こんにちは!二回目の投稿のKです!

網走では、ようやく雪が降りだし北海道の冬らしくなってきました〜寒い!!
今週末は富良野のスキー場でスキーしてきます!

私はバードウォッチングが趣味で、毎朝日の出とともに行動を開始しています!
近くには濤沸(とうふつ)湖(こ)という汽水湖があり、四季を通して様々な鳥がやってきます。
大自然を身近に感じることができるオホーツク地域!まだまだ楽しんでいきたいです!

写真の鳥はシマエナガです!「雪の妖精」といわれる鳥で、大学構内でも見ることができます!運がいいと、授業中に窓辺に来るかも!

もう1枚はキタキツネです!野良猫よりもキツネのほうがよく見かけます!冬になるとモフモフでかわいいですが、触ってはいけません!!エキノコックスという寄生虫に感染してしまう恐れあり!

網走周辺の国立公園

こんにちは。自然資源経営学科紹介し隊のY.Onodaです。
今回は、所属している北海道自然探索部での活動や個人的に訪れた網走市周辺の国立公園にご紹介します。

1、 知床国立公園
世界自然公園にも指定されている知床国立公園には、多種多様な動植物が生息する原生的な自然環境が広がっています。特に、ヒグマは世界有数の高密度で生息していて、ドライブ中に見かけることもあります。そのため、ヒグマと人間がどう共存していくかが課題となっています。
写真は、10月下旬の知床峠で撮影したものです。

2、 阿寒摩周国立公園
網走市から1時間ほど行くことのできる阿寒摩周国立公園は、知床と同じく貴重な自然環境が広がっており、阿寒湖、摩周湖、硫黄山、川湯温泉など観光地が多いことも特徴です。特に、阿寒湖に生息するマリモは国の天然記念物に指定され保護されているのですが、特定外来生物であるウチダザリガニによって食害されていることが課題となっています。そこで、ウチダザリガニを食用として集荷する取り組みも行われています。
写真は、10月下旬の硫黄山で撮影したものです。

3、 釧路湿原国立公園
この国立公園は、タンチョウの繁殖地としてよく知られていて、繁殖地として釧路湿原そのものが天然記念物に指定されています。このタンチョウなのですが、近年個体数が増加し、釧路市や鶴居村での農作物の食害やタンチョウの自動車や列車との衝突事故などが報告されていて、人間との共存や生息地の確保が課題となっています。
写真は、12月上旬の鶴居村でタンチョウを撮影したものです。

12月に入り、本格的な寒さがやってきました。冬の北海道に訪れる際はしっかりとした防寒対策をして非日常を楽しんでください!

ページの先頭へ