博物館トピックス
(「食と農」の博物館)

【新企画展、開幕!!】

 10月9日(金)より「食と農」の博物館にて、2020年度下半期の二つの企画展が開幕いたしました!
開幕式典では、(トップ写真左から)当館の江口文陽館長、「自然の中の数学」展実行委員長の東京農業大学森林総合科学科 上原 巌教授、東京農業大学 新部昭夫副学長、(一財)進化生物学研究所 今木 明先生、当館の上岡美保副館長によりテープカットが行われました。

【企画展示室A】「歯」から見る恐竜時代。
中生代の生き物を「食」という視点から考え、「歯」に着目した展示です。
巨大な恐竜の頭骨(レプリカ)や、たくさんの化石の展示も見どころです。
https://www.nodai.ac.jp/campus/facilities/syokutonou/exhibits/25092/

 【企画展示室B】 自然の中の数学。
自然界には、さまざまな数学の法則や仕組みが隠されています。本展では、身近な自然の中に存在する数学を楽しく、わかりやく紹介しています。実際の「葉」や「枝」も展示されます。
https://www.nodai.ac.jp/campus/facilities/syokutonou/exhibits/25102/

両展示を是非お楽しみください
会 期:2020年10月9日(金)〜2021年4月11日(日)
入場無料
ブログ・Facebookにて来館予約受付中です。
  
HP 
https://www.nodai.ac.jp/campus/facilities/syokutonou/

コマーシャル・ボックスのご紹介【NPO法人 食材の寺小屋 】

 今回はNPO法人「食材の寺小屋」さんのご紹介です。
「食材の寺小屋」は、会長である料理研究家 辰巳芳子氏の「食文化とは、あらゆる文化の母体である。必ず生命を守りうる食材を次の世代に贈っていきたい」という願いに賛同する会員約500名に支えられ、1996年に発足しました。
「食から日本を考える」の大テーマのもと、国産の美味しく、安全で優れた農産物や加工食品を発掘し、国内に広く普及させ、次の世代へ伝えていくことを目的として活動しています。
主な活動は、食の情報満載のニュースレターの発行、『日本の地域食材』の出版、会員を対象とした農場での有機野菜栽培体験等を実施しています。
2005年からは元NHK解説委員で農政ジャーナリストの中村靖彦氏を塾長に「寺小屋講座」を開設し、「大人の食育講座」として、あらゆる角度から食の勉強会を当館で実施しています。
  当館のコマーシャル・ボックス内では、「良い食材を伝える会」が全都道府県の食材を調査し、まとめた書籍『日本の地域食材』や、食材の寺子屋の講座の記録をまとめた冊子『食材の寺子屋「食」から日本を考える』が展示されています。
現在。コロナウイルス感染症対策のため、当館での食育講座はお休みとなっていますが、NPO法人「食材の寺子屋」のホームページには、塾長中村靖彦氏の食と農についての思いが鋭い視点で綴られているコラムが掲載されていますので是非ご覧下さい。  
 HP http://yoishoku.com/



「WEB申し込みによる事前予約につきまして」 【10月分のお申込】

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため10月もWEB申込みによる事前予約とさせていただきます。(申し訳ございませんが電話での受付はしておりません)
(入館予約について)
1日の入館時間を下記のとおり2回とし、各回の上限人数は50人とします。
*来館希望日の前日まで受付 *平日のみ開館 土日祝お休み 
10月12日(月)停電のため休館

10時〜12時    (最終入館11時30分)
13時〜16時30分 (最終入館 16時)
(入館方法)
 ご来館当日は、予約完了メールを印刷したものかメール画面を入口の係員にご提示ください。
入館者が集中した場合は、お待ちいただくことがあります。
社会情勢等により、急遽、休館することがあります。
尚、レストランeggは10月も引継ぎ休業となります。
みなさまにはご不便をおかけしますが、ご協力とご理解をお願い申し上げます。
*ご希望日・時間帯をお選びいただき下記アドレスよりお申込みください。

10/1(木)見学希望申込 終了
10/2(金)見学希望申込 終了
10/5(月)見学希望申込  終了
10/6(火)見学希望申込 終了
10/7(水)見学希望申込  終了
10/8(木)見学希望申込 終了
10/9(金)見学希望申込 終了
10/13(火)見学希望申込 終了
10/14(水)見学希望申込 終了
10/15(木)見学希望申込 終了
10/16(金)見学希望申込 終了
10/19(月)見学希望申込 終了
10/20(火)見学希望申込 終了
10/21(水)見学希望申込 終了
10/22(木)見学希望申込 終了
10/23(金)見学希望申込 終了
10/26(月)見学希望申込 終了
10/27(火)見学希望申込 終了
10/28(水)見学希望申込 終了
10/29(木)見学希望申込 終了
10/30(金)見学希望申込 終了





次回展示のご案内

10月9日(金)より2つの企画展示が始まります。

企画展示室A:」から見る恐竜時代
Understanding the Mesozoic Era from Dinosaur Teeth

中生代の生き物を「食」という視点から考え、「歯」に着目した展示です。
彼らの「歯」を観察し、その食生活を想像してみませんか。
巨大な恐竜の頭骨や翼竜(レプリカ)の展示も見どころです。

(会期)2020年10月9日(金)〜2021年4月11日(日)
(企画)(一財)進化生物学研究所 今木 明・蒲生 康重
(主催)(一財)進化生物学研究所
(共催)東京農業大学「食と農」の博物館 東京農業大学学術情報課程
(協力)東京農業大学地域環境科学部生産環境工学科 教授 岡澤 宏

企画展示室B:自然の中の数学
Mathematics in Nature

森林・樹木・植物をはじめとした自然界には、さまざまな数学の法則や仕組みが隠されています。本展では、身近な自然の中に存在する数学を楽しく、わかりやく紹介しています。
観賞後には、何気なく見上げる木々の景色も違って見えてくるかもしれません。
採取した葉や、アンモナイト化石(実物)の展示も見どころです。

2020年10月9日(金)〜2021年4月11日(日)
(企画)東京農業大学地域環境科学部森林総合科学科 教授 上原 巌
(主催)東京農業大学「食と農」の博物館 館長 江口文陽
    企画展「自然の中の数学」実行委員会
(共催)東京農業大学学術情報課程
委員長:上原 巌
副委員長:東京農業大学「食と農」の博物館 副館長 上岡美保
委員:木村李花子 黒川孝明 西嶋優 大石康代 中山玲

コマーシャル・ボックスのご紹介【アルファー食品株式会社】

 アルファー食品株式会社さんは、1966年の創業以来、「健康で便利によりおいしく」の理念のもと、「アルファ化米」を軸に販売されている会社です。
 「アルファ化米」とは炊いたり蒸したりしたお米を、熱風で急速に乾燥させておいしさを閉じ込めたお米です。実はこの乾燥させたアルファ化米は、生のお米から炊飯したご飯と同じデンプン構造をしているため、おいしさもそのままなんです。さらにアルファ化米の場合は洗米・つけ置きが必要無いので、通常のお米に比べてより早く楽に炊くことができます。(HPより抜粋)
 またアルファ化米は常温での長期保存が可能で、さらには炊き込みご飯などの「味ごはん」に味が染みやすい、などの利点もあるそうです。
 CMボックス内に並んでいる備蓄用シリーズ「安心米」は、賞味期間が製造から5年間もあり、袋の中にスプーンが入っているので箸などを用意する必要はなく、そのまま召し上がれます。
 他にも「出雲のおもてなし」シリーズのおこわご飯は、国産の具材にこだわった特別な美味しさのおこわご飯ということで、ご贈答品としても喜ばれそうです。
オンラインショップも開設されていますので、食欲の秋に如何でしょうか。
 アルファー食品株式会社さんは、縁結びの神様として知られている出雲大社のお膝元で、お米を通して人と人とのご縁をつないでいらっしゃいます。
HP
https://www.alpha-come.co.jp/index.html

ページの先頭へ