博物館トピックス
(「食と農」の博物館)

春のバイオリウム

トウキョウダルマガエルが冬眠から覚めて、
温室の池で日光浴をしています

「食と農」の博物館へのアクセス

この春、東京農業大学「食と農」の博物館へのアクセスが便利になりますよ
気になるけれど、行きにくそう…と二の足を踏んでいらっしゃる方には、まずバスでのご来館がおススメです。JR渋谷駅西口バスターミナルから「農大前」まで約30分。本数が多く始発から座れるので、意外と楽ちんです。

現在、渋谷駅からは【渋23】祖師谷大蔵駅行き、【渋24】成城学園前駅西口行き、【渋26】調布駅南口行きの3つの路線をご利用できますが、ここに東急バスの新路線【渋22】用賀駅行きが4月1日(日)から増設されるのです。
   「世田谷区内におけるバス路線再編成の実施について」
  https://www.tokyubus.co.jp/news/001568.html
渋谷マークシティそばの3番乗り場からは【渋24】【渋26】系統、南改札口出てすぐの34番乗り場からは【渋22】【渋23】系統が出ています(図1)。都心からお越しの際は是非どうぞ!

そして、来週3月17日(土)に改正される小田急線の新ダイヤ。農大最寄りの「経堂駅」下りの時刻表を見てみると、現行のダイヤと改正後で本数がぐっと増えているのがわかります(図2)。
さらに注目すべきは、平日朝の時間帯。新宿から約12分で着く急行が停まるんです
つまり、「昼間や休日は急行が停まるけれども、朝夕は停まらない」という経堂駅の罠に引っかかって乗り過ごして遅刻する、という世田谷キャンパスの春の悲劇が無くなるかもしれないということです。
新入生、そして在校生の皆さんもおめでとう!けど時間には余裕を持って家を出ましょう!
   小田急線経堂駅 https://www.odakyu.jp/station/kyodo/

最後に、時間を気にするより、景色を楽しみたい方におすすめな穴場は、小田急線「千歳船橋駅」からのアクセス。これから千歳通りの桜並木が見事なので、お花見を楽しみながらお散歩することが出来ますよ。

   博物館HP アクセス情報 http://www.nodai.ac.jp/campus/facilities/syokutonou/access/

簡単!乾物を使ったいなり寿司講座

 先週末2月18日(土)、「食と農」の博物館では、NPO法人農業情報総合研究所主催の講座「簡単!乾物を使ったいなり寿司講座」が開催されました。

 講師は、昨年の手作りおはぎ講座に引き続いて、「乾物のあだち商店(三軒茶屋)」の足立晃巳さんです。詰め方のコツを伺いながら、青豆や金時豆、さくらでんぶに桜の塩漬けなど、様々な具材を詰めて、“オープン”タイプのいなり寿司を作りました。いなり寿司というと、失礼ながら地味な見た目のものを想像していたのですが、具を上に載せると彩り豊かで楽しいですね。

 もうすぐひな祭り、そしてお花見シーズンがやってくるので、パーティーのメニューとしても大活躍しそうですね

カフェ・プチラディッシュ 閉店のお知らせ

日頃より、カフェ・プチラディッシュをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
カフェ・プチラディッシュは諸般の事情により、下記の日程にて閉店をいたします。
長らくご利用をいただきまして、誠にありがとうございます。

閉店日(最終営業日) 2018年2月28日(水)

2月末までの営業につきましてご不明な点は下記へお問い合わせください。
東京農業大学生活協同組合
      カフェプチラディッシュ Tel : 03-5477-4041
      食堂部(グリーン)   Tel : 03-3427-5952

イベント「海苔のおいしさ再発見!〜食卓の定番食材『海苔』についておいしく学ぼう」

 先週末の1月20日(土)、「食と農」の博物館では、NPO法人農業情報総合研究所主催の講座「海苔のおいしさ再発見!〜食卓の定番食材『海苔』についておいしく学ぼう」が開催されました。
 講師は、海苔で健康推進委員会の山上浩史さん。
 小学生向けのお米講座で子供から人気を博している山上さんですが、今回の一般向けの海苔講座でもわかりやすい説明で参加された方々からご好評を頂いていました。
 講座では、クイズ形式で海苔の生産や歴史といった基礎知識を学び、「さくさく」タイプの海苔と「しっとり」タイプの食べ比べを行ってその特徴を舌で味わいます。試食では更に、和え物やトッピングなどでより海苔を楽しむ食べ方が提案されました。
 年間を通じて入手できる海苔ですが、寒い時期が旬にあたります。11月から3月頃にかけて摘み取られる旬の海苔は、やわらかく、香り高い風味を楽しめるそうです。身近な食材だからこそ、海苔のプロにお話を伺ってあらためて知る発見も多かったのではないでしょうか。
 栄養価が高く、食物繊維も多い海苔。おやつや料理、おつまみに、もっと活用していきたいと思います!

◎海苔で健康推進委員会
http://www.nori-japan.com/

ページの先頭へ