東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

FAM
所属:東京農大教職員
性別:女

至高の愛の色「貝紫染」

 ワイルドシルク展関連ワークショップ「貝紫染」が開催されました。講師は、八王子在住の天然染料・染め織り作家・山村多榮子さんでした。この染色方法は、アクキガイ科アカニシ貝のパープル腺から採れる極少量の分泌物を集めて染色する方法です。
 メキシコ・ミステカ族の男性は婚約者に贈る着物を織る糸を染めに何日も海岸を旅する風習があるとか。一つの着物を染め上げるのに一体何個のアカニシガイが必要なのか?気の遠くなるような作業であり旅だとこの講習会から想像できました。大変な思いをして成し遂げる婚姻、現代人は見習う必要がありそうです。
 
 
 

 

2012年03月04日 | FAM

▲ページトップへ

「ワイルドシルク・フェスタ第3章」オープニング

 ワイルドシルク・フェスタも3年目を迎え、たくさんのお客様が来館されています。シルクの素晴らしさを知る方も知らない方も、展示や講演会の中でシルクの大きな可能性を見出されると思います。
 家蚕の他に野蚕のシルク糸は、糸の断面にナノ構造の沢山の小管があり、軽くて、放熱性、保温性、放湿性、保湿性、静菌性、防臭性などに優れ、すぐれた風合いを持つ注目のエコ素材です。9月27日までやっていますので是非、ご来館ください。
 
 
 

 

2012年03月04日 | FAM

▲ページトップへ

「ランドスケープデザイン30年の軌跡」展 ?

 今回は、様々なプロジェクトに関ってこられて30周年を迎えた記念の展覧会でした。本校造園科学科の学生、造園関係者でなくとも、ランドスケープデザインという仕事を理解し発信できた展覧会だったのではないでしょうか。
 
 
 

 

2012年03月04日 | FAM

▲ページトップへ

「ランドスケープデザイン30年の軌跡」展 ?

 9月8日から始まった「ランドスケープ30年の軌跡」展。1週間という期間でしたが、とても格調高い展示の見本というべき展示でした。
 戸田芳樹風景計画代表の戸田芳樹さんは、本校造園学科(現造園科学科)を卒業後、東京・京都にて庭師の修行し、アーバンデザインコンサルタント(代表黒川紀章)を経て独立されました。
 
 
 

 

2012年03月04日 | FAM

▲ページトップへ

祝! 80万人目のお客様

 8月30日当館は、開館以来80万人目のお客様をお迎えしました!
 待ちに待った栄えある80万人目のお客様は、お散歩もかねてよくご来館される古田三男さんご夫妻です。博物館からの記念品は、“じょうえつ東京農大有機栽培コシヒカリ 米10kg、農大本格米焼酎「ぎん」、農大クッキー、農大湯のみ、農大タオル、農大ベアー、農大ノート、農大ボールペン”と農大尽くし。クス玉の下、夏秋館長より手渡されました。前後賞、799,999人目のお客様は、いつも馬事公苑でお散歩をしてから動物達に会いに来てくれているというお父さんとお嬢さん、内藤聡さん、千晶ちゃん(2歳)でした。800,001人目のお客様は、初めて来館された池谷香さんでした。2組の方には“農大発カムカムドリンク6本入り”と“じょうえつ東京農大有機栽培コシヒカリ 米5kg”を贈らせていただきました。
 タイミング良く“食材の寺小屋”の講演会も開催されており沢山の方々の拍手とともにお祝いすることが出来ました。博物館も開館して5年半、沢山のお客様にご来館いただき、この日を迎えることが出来ましたこと熱く御礼申し上げます。
 
 
 

 

2012年03月04日 | FAM

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.