東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

FAM
所属:東京農大教職員
性別:女

古農具の歴史を知る

朝日新聞出版の「男の隠れ家」という雑誌に、梅室英夫(「食と農」の博物館 元副館長)
の取材記事が掲載されました。
“私たちの食文化を支える にっぽん農具今昔”という企画の中で、古農具の歴史について写真と
共に語られています。是非、ご興味のある方は農具の歴史を紐解いてみるのはいかがでしょうか。

朝日新聞出版URL http://www.kakurega-online.com/index.php
 
 

 

2010年05月29日 | FAM

▲ページトップへ

これを読んだら貴方も農大通!

“大人も子どもも地元の学校を楽しもう 東京農大虎の巻”というテーマで、我が大学の特集記事を「世田谷ライフ?33」に掲載していただきました。博物館も紹介されています。
“東京農大虎の巻”をかかえてお散歩がてら遊びにいらしてください。

判佝URL http://www.eistyle.com/setagaya/index.phtml
 
 

 

2010年05月29日 | FAM

▲ページトップへ

クリオネに仲間が加わりました

「食と農」の博物館の人気者「クリオネ」。この度新たに、オホーツク海で育ったクリオネたちが世田谷までやってきました。
 翼足を動かしながら水中を移動する姿は優雅に空を飛んでいるようにも見えます。
 これから夏にむけて暑くなっていきますが、冷たい水の中を泳ぐクリオネの姿は見ているだけで涼をとることができます。是非クリオネに会いに博物館におこしください。
 
 

 

2010年05月23日 | FAM

▲ページトップへ

実践、日本酒の美味しい飲み方・選び方

 5月22日に「食と農」の博物館にて穂坂賢教授(東京農業大学短期大学部醸造学科)を講師としてお招きし、オープンカレッジ「実践、日本酒の美味しい飲み方・選び方」を開催いたしました。日本酒の奥深い魅力を科学的観点から説明し、利き酒まで行うこの講座は、受付開始後すぐに予約が埋まるほど人気があります。今回も約30名の参加者がいらっしゃったのですが、そのうち6名はこれまでの講座全てに出席してらっしゃるとのことでした。
 さて、今回きき酒に使用したのは「一品」「寒竹」「八兵衛」の3銘柄です。参加者には、各銘柄2種ずつ計6種類の味を楽しんでいただきました。先生の解説を聞いた後はそれぞれのお酒の特長がわかる為ありがたさが増します。
 おいしいお酒を飲みながら知的好奇心を満たす・・・、こんな講義だったら勉強が好きな方もそうでない方も進んで学ぼうとするのではないでしょうか。東京農業大学では他にも魅力的なオープンカレッジ講座を多数開催しております。是非ご参加ください。

東京農業大学エクステンションセンター
http://www.nodai.ac.jp/extension/index.html
 
 
 

 

2010年05月23日 | FAM

▲ページトップへ

「タダでたのしむ東京とっておきスポット」

“お金をかけず、ちょっと知的に。あなたの町にもこんなにあります!”というキャッチフレーズでメイツ出版より、「タダでたのしむ東京とっておきスポット」という本が出版されました。当博物館も取り上げて頂きました。

メイツ出版URL http://www.mates-publishing.co.jp/
 
 

 

2010年05月22日 | FAM

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.