東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

FAM
所属:東京農大教職員
性別:女

博物館のクリスマス☆

 博物館の入り口横に、大きなクリスマスツリーを設置しました。昼間は、けやき広場の紅葉をバックに綺麗ですが、日が暮れた後は尚更温かい光で素敵です。ツリーの足元の飾りを、博物館実習の学生さん3名が1日がかりで作ってくれました。綺麗に飾られたツリーの前で記念撮影でもいかがですか?
 
 
 

 

2010年11月21日 | FAM

▲ページトップへ

新企画展が始まりました。

「機能性食品展〜私たちの健康を支える科学と産業のコラボレーション〜」が11月19日(金)から始まりました。平成23年3月21日まで、展示と講演を含めた多彩な催しが行われます。代表的な美味しいトクホが出品され、毎週土曜日に関連講演会時に試食・試飲していただきます。東京農業大学が掲げる「実学」としての食品機能学のおもしろさにご満悦いただけると確信しておりますのでご来館ください。
 
 

 

2010年11月21日 | FAM

▲ページトップへ

環境共生学の祖“近藤典生博士”

 本日は、「近藤典生の世界」と題し(財)進化生物学研究所 淡輪俊理事長の関連講演会を開催致しました。
 大学の一研究者として、多くの生きた研究材料を保存し、研究協力者を得るには動植物園的な施設を造るより他には方法がないとの発想から数年がかりで実現した「水に浮かぶ地球儀温室」(伊豆シャボテン公園にかつて存在した)などの貴重な写真とともに、近藤先生の人物像と興味深いお話を拝聴しました。現在の博物館に隣接している“バイオリウム”からも、近藤先生の実践を伺い知ることが出来ます。

 
 

 

2010年11月13日 | FAM

▲ページトップへ

2階「常設展示コーナー」を一新しました!

 お気付きのお客様もいらっしゃるかと思いますが、2階中央に置かれていたベンチなどを「日本の酒器」コーナーの、景色の良い場所に移動させました。
 けやき並木の季節を感じながら図書コーナーの本を読まれるのも良し、醸造科の創立者「住江金之」氏の収集された酒器をご覧になられるのも良し、ゆったりリラックスしていただけると嬉しいです。鶏のコレクションの配置も一新し、さまざまな角度でご覧になることが出来ます。
 
 

 

2010年11月12日 | FAM

▲ページトップへ

工学記念展も14日(日)で最終日

 生産環境工学科創立70周年記念展、約1ヶ月の展示もいよいよ最終日をむかえます。小さなお客様には、トラクターやロボットは大人気!特にこのトラクターは、50年前から働いてる現役です。その頃、乗りこなしていた職員は「懐かしいなぁ・・」と目を細めておりました。
 今日は、インターナショナルスクールの生徒さんたちが60名来館され、ワイワイと楽しそうに乗る順番を待っている姿にトラクターも、なんだか嬉しそうに見えました。どうぞ、大人のお客様は工学の成果を、小さなお客様は人気者トラクターを楽しみにご来館ください。
 
 

 

2010年11月12日 | FAM

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.