東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

FAM
所属:東京農大教職員
性別:女

「果物ミニ講座」始めました!

 「果物に聞く」展最終日、宮田先生の用意された16種類の葡萄で無料の「ミニ講座」を開催いたしました。予定にはなかった講座ですが、学術的な内容を絶妙な話術で解説いただきながら試食出来る、とても楽しい講座になりました。  
 今が旬、山梨産の美味しい葡萄を16種類も試食出来る機会はなかなか無いことです。こんなに種類があるの?と見たことのない葡萄もありました。大きさも色も形も美味しさも様々で、盛り付けるだけでも宝石のようで綺麗ですね。
次回、10月23日(日)、11月26日(土)、来年2月4日(土) にも行いますので是非、ご参加ください。

詳しい内容は、こちらをご覧ください。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=194

 
 

 

2011年10月18日 | FAM

▲ページトップへ

“メードイン佐渡島”「佐渡物産展」無事に終了しました。?

 さて、連休3日間の来館者数ですが、8日840人 9日793人 10日960人 合計2,593人と多くの方々に御来館いただき、佐渡の素晴らしさを感じていただけたこと、心から感謝しております。本当に有難うございました。
 物産展は、終了しましたが「佐渡学への誘い」展は、23日までやっております。展示室にアンケートを設置し、ご協力いただいた方に渡邉忠志氏の屋久杉にも負けない迫力の写真集を贈呈しております。写真集も残りあとわずかになりました。是非、ご来館下さい。
 
 
 

 

2011年10月15日 | FAM

▲ページトップへ

“メードイン佐渡島”「佐渡物産展」無事に終了しました。?

 今回も、にぎやかに1階映像コーナーで佐渡の物産販売と、昨年同様好評に尽き「佐渡民謡大会」を2日間開催しました。佐渡の代表的な民謡(両津甚句、相川音頭、佐渡おけさ)を披露していただきました。拝見すると、男女ともに踊る所作が凛として美しく、清々し気持ちになります。「おけさ教室」では、佐渡出身の方に教えていただき仲良く楽しい時間を過ごしました。
 終了後、小さなお客様が、若波会の担当の方に駆け寄り「ありがとうございました!」と元気よくお礼を言っている微笑ましい場面もありました。
 
 
 

 

2011年10月15日 | FAM

▲ページトップへ

学芸員実習レポート 「『稲に聞く』の展示の紹介」

 ただいま「稲に聞く」の展示が行われています。稲がどのように作られてどのように食べられているのかという問いの答えが見つかるような企画です。この展示の魅力は、何と言っても実際に見るだけではなく五感で楽しめるところです。
 現在、1人当たりのお米の年間消費量は1962年のピーク時に比べると半分の60キログラムに減っております。この現状が続くと耕作放棄地等が増え、日本の農業にも様々な影響を与えます。この現状を打破しようと新たな取り組みも行われています。その1つの取り組みが米粉です。以前から米粉はありましたが更に微粒子にしてパンや麺に小麦粉の代わりとして取り入れられるようになりました。

この展示の中から昔と今そして未来のお米について少しでも興味を持って頂き、お米の利用が増えるキッカケに繋がればと思います。また、紹介しました米粉についての展示もされております。
 1枚目の写真は、お米のぬいぐるみ「米たん」です。お子様でもお米の仕組みが分かりやすいようになっていますので楽しんでみて下さいね。(博物館実習生 食料環境経済学科 K.I)
 
 
 

 

2011年10月15日 | FAM

▲ページトップへ

『プロと見て歩く植物と馬』第3回目 −実りの秋、馬のいる風景を楽しむ−

 まさに秋といった感じで、暑くもなく寒くもなく、でも1時間から2時間も歩くとやっぱりチョット汗が。ホントに気持ちの良い一日でした。
 本学の造園科学科の栗田和弥先生のお話しを伺いながら、いつもと少し異なったルートをとりました。初めに世田谷通りを横断、農大の正門で大銀杏の説明をお聞きました。その銀杏は都内の紅葉の基準木となっているとのこと。参加者の皆さん、改めて農大キャンパスの自然の豊かさに感心されていました。でも参加者から先生が答えを窮する質問まで飛び出して、なかなか盛り上がっていました。そんなこんなで、栗田先生の担当時間の半分近くを馬事公苑の外で過ごしてしまいました。
 後半の2時〜3時の1時間は、馬事公苑の山口さんから馬のお話しをお聞きしました。天高く馬肥ゆる秋、です。馬君たち、心なしかいつもより元気で色つやまでよく見えてきてしまいました。

 さて次回の馬事公苑ガイドウォークは「晩秋の馬事公苑、紅葉と馬を楽しむ」で、12月4日(日)の開催です。講師は、本学の森林総合科学科の中村幸人先生です。乞うご期待。
 
 

 

2011年10月15日 | FAM

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.