博物館トピックス
(「食と農」の博物館)

博物館実習レポート 「楽しく学べる手作りおはぎ講座」

 2017年2月19日(日)NPO法人農業情報総合研究所主催による「楽しく学べる手作りおはぎ講座」が開催されました。講師には、三軒茶屋の老舗店である乾物のあだち商店の足立晃巳さん他4名の方に来ていただきました。

 冒頭に、小豆やおはぎについてクイズを交えながらお話ししていただきました。大人の方々もお子様も積極的に手を挙げてクイズに参加していました。
 皆さんはおはぎとぼたもちの違いを知っていますか?
実は両方とも同じものなのですが食べる時期が違うのです。おはぎは秋、ぼたもちは春に作られ食べられます。また、昔の日本ではおはぎは小豆を収穫してからすぐに作ることができるため皮つきのつぶあんを使い、ぼたもちは収穫から時間が経過してしまうため、皮を取ったこしあんを使うという違いがあったそうです。

 おはぎ作り体験では、ご参加された皆さんが楽しそうにおはぎを作っていました。もち米にあんこを包む工程で、うまく包み込むことができずはみ出してしまい苦戦されていましたが、クッキングペーパーを使用するなど講師の方々にうまく形作る技術を教わりながら整えていました。

 おはぎは一般的なあんで包むものから、きな粉、胡麻、青のり、抹茶そしてクルミたれと全部で6種類用意されており、色とりどりで異なった味のおはぎを楽しむことができました。その後、あだち商店さんから山芋と小豆を使用したデザートを頂きました。山芋とあんこが想像以上にマッチして、甘すぎずしつこくない大人の味でした。
 小豆含め乾物には様々な薬効が認められています。体の調子が気になっている方は小豆料理に挑戦してみてはいかがですか?
(博物館実習生 バイオサイエンス学科3年 T.S.)

ページの先頭へ