東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール

FAM
所属:東京農大教職員
性別:女

サクラソウ展開幕

昨日4月20日(木)より、毎年恒例のサクラソウ展が開幕いたしました。
カフェの窓面に4段のひな壇が特設され、様々な品種のサクラソウの鉢がずらりと並んでいます。ひな壇の前のテーブルは、花を観賞するにはまさに特等席!コーヒーを飲みながら、うっとりとした気分にひたれますよ。

鉢に添えられた木札を見てみると、「春の装」「初瀬山」「舞扇」「白鷹」「東鑑」「牡丹獅子」「宇宙」「こぼれ紅」「青葉の笛」…などなど、花の容貌にあった素敵な名前が付いています。是非、お気に入りのサクラソウを見つけてみて下さい。サクラソウ総選挙をやってみても楽しいかもしれませんね。

今年は悪天候でお花見出来なかったあなた、まだ間に合います。「食と農」の博物館では、今サクラソウが見ごろです!そして今週末23日(日)には、本展をご準備された(一財)進化生物学研究所の桝田先生による講座「江戸の花・サクラソウの楽しみ方」を開催します。まだ残りのお席もございますので、お花を愛でにぜひお越しください。
 
 
 

 

2017年04月21日 | FAM

▲ページトップへ

入学おめでとうございます

 新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます
入学式も無事終わって、いよいよ本格的な大学生活が始まりますね。毎朝ドキドキで通学されているのではないでしょうか。どんな授業を履修しようか、何のサークルに入ろうか、あれこれ悩みつつ、しっかり農大ライフを楽しんでくださいね!

 さて、農大「食と農」の博物館の所在地は世田谷キャンパスの「外」、正門を出て世田谷通りを渡ったお向いにあります。授業後にTSUTAYAでCDを探したり、友達とスターバックスでお茶することもあるでしょう。「食と農」の博物館も、同じけやき広場に面した建物で、大きな鶏のオブジェが目印になっています。
 大学に慣れてきたら、ぜひ一度足を運んで見てください。農大の歴史から、現在学内で行われている研究の一端を見ることが出来ますよ。冬の間短縮していた開館時間も、4月からは朝10時から夕方17 時までの開館となります。

 次回の特別展は4月26日(水)からの「微細藻類の輝かしき未来 ―健康・環境・エネルギー資源としての可能性に迫る―」。新入生に限らず、未来の「食」と「農」に向けて万人必見の内容です。お楽しみに〜!
 
 

 

2017年04月04日 | FAM

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.