博物館トピックス
(「食と農」の博物館)

博物館実習レポート「カレー粉を使った簡単!乾物料理講座」

 平成30年8月25日(土)に「食と農」の博物館2階のセミナー室にて「カレー粉を使った簡単!乾物料理講座」が開催されました。
本講座では、三軒茶屋の老舗「乾物あだち商店」さんから講師として足立晃巳さんをお招きして、カレー粉と乾物を使った調理・試食を行いました。当日は13人のお客様にご参加いただきました。

 まず最初に、切り干し大根のスープを飲みました。切り干し大根を食べることによって、体の中の老廃物を排出したり、ガンに対する免疫を高めるといった嬉しい効果があるそうです。

 次に、足立さんに「乾物カレー」と「乾物カレースープ」の作り方を実演で解説していただきました。切り干し大根や干し人参、干し椎茸、大根の輪切りの乾物である花切り大根などを使用しました。普段あまり利用しない乾物を目にして、参加者は調理法などを興味津々に先生に質問していました。

 続いて「油麩の酢の物」を実際に参加者の皆様と調理しました。「油麩」とは宮城県北部の登米地方に昔から伝わる食材で小麦粉のたんぱく質成分のグルテンを油で揚げて作ったあげ麩です。油麩をパン切り包丁でカットする際に、参加者(特に男性とお子様)には力の加減が難しそうで、苦戦している様子が伝わりました。

 その後、今日習った料理を試食させていただきました。「乾物カレー」や「乾物カレースープ」はベーコンや豆など具材もたくさんで様々な食感が楽しめ、乾物によるうま味成分がより感じられた気がします。

 「金時と押し麦の豆乳ぜんざい」、「アイスクリームと花豆とクルミのコーヒー味」、「ヨーグルトとマシュマロ」の三品の乾物デザートもいただきました。花豆とクルミはコーヒー味となっていて、バニラのアイスクリームのすっきりした甘さとマッチしていて特においしかったです。

 普段乾物を使った料理はあまり作らないかもしれませんが、乾物のように旬のものを天日で自然乾燥させると、生ものには無い栄養素と働きがギュッと詰まるので、皆さんも乾物を使って料理をしてみてはいかがでしょうか?

 最後に、ご参加いただいた皆様、また、ご協力いただいた皆様、この度は誠にありがとうございました。またのご参加をお待ちしております。

          博物館実習生 造園科学科 A.M 畜産学科 K.S

特別展「生命の楽園ボルネオ ―メガダイバーシティの森―」開幕!

 本日8月24日(金)、阿部雄介写真展「生命の楽園ボルネオ ―メガダイバーシティの森―」のオープニング式典が開催されました。

 ANA機内誌「翼の王国」でお馴染みの写真家・阿部雄介さんによる、ボルネオの熱帯雨林をテーマにした写真展です。動植物や昆虫など、ボルネオの森の中に生息する多種多様な生きものたちが、精細で色鮮やかな写真に活写されています。

 式典には阿部さんご本人の他、展示にご協力いただいた動物学者の島泰三先生にお越しいただき、本学の金子副学長、江口館長、上岡副館長とともにテープカットを行いました。

 展示期間は10月8日(月)まで。鳥や虫たちの鳴く高密度な森の音に包まれた会場にぜひお越しください!

ページの先頭へ