博物館トピックス
(「食と農」の博物館)

「農の生け花」愛好者全国の集い

平成30年10月13日(土)・14日(日)「食と農」の博物館にて、「『農の生け花愛好者』全国の集い」が開かれました。3年に一度開かれるこの会は、矢ヶ崎静代実行委員長を中心に今年第11回を迎えました。全国から農の生け花愛好者が集まり、作品を紹介しています。農の生け花創始者である横井友詩枝(としえ)さんの作品再現コーナーもありました。

 そもそも「農の生け花」とは何なのでしょうか。私もこの会が開催されるまで知りませんでした。「農の生け花」とは、季節の農作物などを素材に、農具・民具などを器にした独創性ある生け花のことを指すそうです。一般の生け花と違い、地域の風土と、そこに住む人たちの感性に根ざしたもので、きわめて独自性のある様式になっています。

 今回のテーマは「農の心を耕し 広げよう」です。会員の高齢化が進む中、若い人にも「農の生け花」に興味を持ってもらいたい、魅力を伝えたい、また全国各地で広がりつつある活動を通して愛好者の輪をさらに広げたいという思いがあるそうです。

 今回、農の生け花を実際に体験できるということで、私たち実習生も農の生け花を体験させていただきました。

 私が器に選んだのは「釜」です。生まれたときから炊飯器に慣れ親しんできた私にとっては珍しい器でした。また素材に使った農産物も独特です。カブに葉っぱ付きのニンジン、丸茄子、しそなどです。見た目だけでなく香りも楽しめる作品になったと感じています。

 皆さんは、積極的かつ優しく私たちに教えてくださいました。「こんな野菜もあるよ」、「こんな風に入れると線が出てきれいに見えるね」などなど、つい言葉に乗せられ(?)て、たくさんの野菜を詰め込んでしまったように思いますが、とても面白いものが出来上がったと思います。

 今回実際に体験させて頂いて、見たこともない野菜や使い方を知らない農具まで、たくさんの事を知ることが出来ました。食べるだけがと思っていた野菜にも素敵な魅せ方があるんですね。とても勉強になりました。またたくさんの会員の方々とお話も出来て楽しかったです。

 最後に今回ご参加いただいた皆様、ご協力くださった皆様、誠にありがとうございました。

博物館実習生 バイオセラピー学科 M.T

ボルネオ 熱帯雨林の魅力

平成30年9月29日(土)「食と農」の博物館1階映像コーナーにて「ボルネオ熱帯雨林の魅力」のトークイベントが開かれました。
 本トークイベントでは動物学者の島 泰三氏、写真家の阿部 雄介氏、東京農業大学「食と農」の博物館江口 文陽館長がお話されました。当日は、50人ほどのお客様にご参加いただきました。

 まず、江口館長の司会で島氏、阿部氏の紹介があり、3人のご関係とそれぞれのご縁について話がありました。そしてスライドショーを通して島氏から長年の夢であったオラウータンとの出会いの話、阿部氏からボルネオの概要、生き物や昆虫、植物の話を伺いました。その後はフリートーク、質疑応答に移りました。お客様からの質問にも答えていただきました。

 今回のトークイベントは、名前の通りボルネオの話が中心でした。写真家阿部氏の視点と、動物学者島氏の視点を通して見たボルネオの話を聞くことができ、とても興味深い内容でした。ボルネオ特有の突出層に見られる珍しい生態系、ボルネオでしか出会うことのできない動物や植物、またボルネオの地に合わせて長い年月をかけて進化し続けてきた動植物について、実際に経験したボルネオでの暮らしの話など、密度の濃い内容で聞いていてとてもわくわくしました。
 フリートークは、江口館長を交えてのお話で、先のお二人の視点に「食と農」の博物館江口館長の視点も加わり面白いお話が伺えました。お客様からも積極的に質問していただき、とても有意義な時間でした。

 トークイベントが終わった後も先生方やお客様がお話している姿が見られ、和やかな空気が流れていました。大変貴重なお話を伺うことができた皆様はとても充実した、満足のいく顔をしておられ大変嬉しく思います。

 今回お話をしてくださった先生方、ご参加いただいた皆様、ご協力してくださった皆様、誠にありがとうございました。
最後に告知といたしまして、今回のトークイベントに参加していただいた写真家の阿部雄介氏の写真展が「食と農」の博物館にて10月8日(月)まで開催しております。興味のある方はぜひ一度足を運んでください。

博物館実習生 農学科 M.N

ページの先頭へ