博物館トピックス
(「食と農」の博物館)

新しいお箸を削って新しい年を迎えよう!

 平成30年12月15日(土)10:15〜12:30「食と農」の博物館の2階セミナー室にて「新しいお箸を削って新しい年を迎えよう!」の講座が開かれました。
 木材の様々な性質を学びながら、自分で作ったお箸で新年のお食事をいただく、ということを目標にして、実際に木に触れながらお箸づくりを体験しました。
 今回は東京農業大学 森林総合科学科の大林 宏也先生を講師にお招きし、6組15名の親子連れの方々にご参加いただきました。
 最初に話されたのは様々な木材の性質についてでした。そもそも、木材と材木はそれぞれ違うものを指す言葉であるということや、様々な樹種とそれによる材の質感の違いについてのお話があり、その次に参加者の皆様の机に木の枝が配られました。
 配られたのはケヤキの枯れ枝で、ケヤキは枝先に実った種子が、枝もろとも枯れて落ちることによって種子のみよりも風に触れる面積を増やし、より遠くへ子孫を残す戦略をとっているという非常に興味深いご説明がありました。ただの落ち葉と思いきや、その意外な知恵に参加者の方々も興味津々の様子です。このほかにも、道を歩いて木々を見るのが楽しくなるような様々なお話をお聞きしました。

 そして、後半は卒業生の金城せりかさんからのお箸づくりの講座が始まりました。
 最初に木材には抵抗なく削ることができる「順目(ならいめ)」と「逆目(さかめ)」があるというお話でした。難しい専門用語ですが、これは猫をなでる時と似ていて、順目は頭から背中にかけて撫でた時で、逆目はしっぽから頭にかけて撫でた時に似ているというお話がありました。身近なたとえのお陰で小さなお子様にも分かりやすいようで、自分の髪で感触を確かめて実感する方も見受けられました。
 一通りの木材の扱いについての解説が終わると、かんなやヒノキでできた棒のような木材が配られ、かんなを組み立てることからいよいよ作業はスタートです。かんなの刃は出すぎていてはガタガタと引っかかってしまい削ることができず、しかし、あまりに出ていない状態では削ることができません。この絶妙な加減がなかなか難しく、最初の荒削りの段階ではかんなの刃が髪の毛一本分(!)程度出ている状態が理想的であるといわれており、来館者の皆様も四苦八苦しておられる様子でした。見本としてかんなの削りくずが配られ、それをまねして同じ削り方ができるようにと、親御さんも夢中になって挑戦しておられました。
 最初はうまく削ることができなかった方も、講師とアシスタントの方々に教わっているうちに徐々に上達してゆき、後半ではセミナー室いっぱいに木を削るガリガリという小気味良い音が響いていました。また、ヒノキは非常に良い香りの材であるため、作業が進むとヒノキのリラックスできるような香りがかんなから漂い、かんなくずをお持ち帰りになる方も見受けられました。
 作業が進むと、かんなの刃を引っ込め、さらにより細かい作業に移ります。この時にも参考としてこの作業時にできるかんなくずが配られ、鰹の削り節のような薄さに参加者の驚くような声が聞こえてくる場面がありました。
 このころから徐々に参加者の皆様が作業に慣れ、お手元に配られたただの木の棒の様だった木材がしっかりとしたお箸の形になってきました。そこで、仕上げの最後の削りの作業の説明が金城さんよりありました。
 今回はやすりを使わずに仕上げるという説明がありました。その理由はやすりを用いると確かに手触りは滑らかになるものの、木材表面の細かい組織が毛羽立ったようになってしまうそうです。そこから水が染み込んでくるために腐食が早まり、お箸としての寿命が短くなってしまう欠点があるとのことです。この違いは外見上では全く分からなくても、お持ちいただいた顕微鏡写真を見てみると一目瞭然です。
やすりを使わなくても、形の出来上がったお箸を回しながらかんなの持ち手部分でこすることで木材に負担をかけずに手にフィットする滑らかな質感にすることが可能であるという裏技も教えていただきました。
 これらの作業が終了し、完成したお箸に自分の名前を焼印で入れてゆきます。漢字、カタカナ、ローマ字、名前ではなく絵を描かれる方など人によって様々で、名前を入れる作業が終わると最後に折り紙で箸袋を作ってそこに入れて完成です。今回は通常の長方形をした箸袋のほかに、クリスマス仕様でサンタクロースの形状をした箸袋も作り、個性が光る世界で一つだけのオリジナルお箸が完成しました。

 この講座で作ったお箸は9年以上使い続けることができるような、しっかりとした作り方をしているとのことで、参加者の皆様におかれましてはぜひ使い込んでいただき、ヒノキの質感や香りを身近に感じていただける良い思い出の品になればと思います。
 今回ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。


博物館スタッフ T.U

長野県長和町山村再生プロジェクト

平成30年11月18日(日)「食と農」の博物館2階セミナー室にて「地域を活用した特産品開発を学ぼう!〜長野県長和のトマトソース、アマランサス、南蛮味噌の試食〜」が開かれました。
本講座は東京農業大学国際食料情報学部食料環境経済学科の立岩壽一教授が中心となって生徒たちで行われている山村再生プロジェクトの活動についての紹介と、活動の中で生まれた特産品の試食が行われました。今回、9名のお客様にご参加いただきました。

東京農業大学食料環境経済学科 山村再生プロジェクトは、長野県長和町をフィールドに耕作放棄地と伝統文化の再生を通した学生による過疎地域活性化プロジェクトです。
まず初めに立岩教授からこのプロジェクトを始めるまでの経緯、長和町とどのような関係が築かれているか、このプロジェクトを通して地域、学生双方に良い刺激となるようにされている工夫などたくさんの事をお話いただきました。

立岩教授のお話を聞いた後は学生による地域を生かした特産品の紹介と今年の活動報告です。学部の1年生は皆1度必ずこの実習でプロジェクトに参加するのですが、その生徒達とは別にこの活動を行っている学生委員会の学生たちがいます。山村再生プロジェクトは学生委員会の学生たちが中心となって活動しており、活動内容も学生たちで考え地域との協力や町への活動報告映像も自分たちで作成し発表しているそうです!

長和町の特産品には長和のトマトを使ったトマトソース、アマランサス、えごま油などがあります。この特産品を使った料理をプログラム内で試食しました!
アマランサスは南米の食べ物でスーパーフードと言われ栄養価が高く、十六穀米にも含まれている穀物の一つです。食感はプチプチとしていて味はほとんどしないため食材の邪魔をしないという意見がたくさんありました。今回は味噌に混ぜて味噌田楽やポテトサラダに混ぜたりして食べました。えごま油はサラダのドレッシングにして食べたりしたのですがシソ科なのでシソの匂いがし好き嫌いが分かれる商品だなと思いました。
個人的に一番おいしかったのは最後に食べた信州・白樺高原にある長門牧場のアイスです(笑)このアイスはミルクの味がとても濃厚でおいしいです!

試食をした後は参加者の方に一言感想をいただきました。
・アマランサスは現地でどのように食べられているのか?
・どのくらい摂取すると一日の栄養価なのか指標があるといい。
・特徴が無いため目で楽しむ工夫をしてはどうか?
などたくさんの意見がありました!

学生たちも今回初めてこのようなセミナーをおこない、プロジェクトをどうしたらわかりやすく伝えられるか考える時間になり、生の意見をたくさん聞くことができとても有意義な時間であったと話していました。なにより参加してくださったお客様が楽しそうに話をし、セミナーが盛り上がったのがとても嬉しかったようです!

最後に今回ご参加いただいた皆様、ご協力くださった皆様、誠にありがとうございました。

博物館実習生 畜産学科T.Y

楽しく学べる日本酒講座:花酵母を使った清酒造り

平成30年12月8日(土)に、食と農の博物館の2階セミナー室にて、「楽しく学べる日本酒講座:花酵母を使った清酒造り」が開かれました。
 本講座では、東京農業大学 醸造科学科 穂坂賢教授とその学生方が講義を担当されました。

〇穂坂先生による花酵母の解説
 花酵母とは、花から分離した野生酵母です。自然界では、いろいろ混ざった雑食性の酵母が優勢であるため、花酵母のみをとることは難しいです。その確率は、10億個に1個あるかないかと言われています。まさに、花からの贈り物というべき天然の酵母です。
花酵母で作られたお酒は普通の日本酒とあまり遜色なくアルコール度数も16度を超えます。花酵母の日本酒と普通の日本酒の違いとして挙げられるのが独特な香りです。あまり日本酒を飲まない人でも、香りによって一つ一つ違いがわかるぐらい独特な匂いがします。
あまり日本酒に詳しくない自分たちには少し難しいお話で理解するのがやっとでした。セミナーに参加された方たちは「うん、うん」とうなずきながら話を聞かれていたので、日本酒に関してとても勉強している方々たちだなと感じました。

〇試飲のお酒6種類の紹介・利き酒クイズ
実際に花酵母から作られたお酒6種類を持って来ていただいた朝日屋酒店さんからのお酒の紹介と、お酒を飲み比べての利き酒をおこないました。利き酒とは、A〜Fと連番が振られたお酒と、銘柄のわかっているお酒を飲み比べて種類を当てるという一種のクイズのようなものです。味だけでなく、色、特徴的な香りなども比べながら利き酒をしました。利き酒の楽しみ方として、ただお酒を当てるだけでなく「銘柄にとらわれず味や風味から自分の好きなお酒を見つけられる。」これも一つの楽しみだと、朝日屋酒店の方が言っていました。そんな話を聞きながら、皆さんがテーブルごとにお酒について意見を出し合い、利き酒をおこなっていました。結果として、全問正解した方が3名もいらっしゃったので、とてもびっくりしました。

正解された方に景品を渡し、アンケートを書いていただいたら、丁度終了時間になったので解散になりました。しかし、皆さん帰りません…利き酒の相談の時からお話をしていた流れで終了時間を過ぎても日本酒を飲みながらお話を続けていました。セミナーの初めは皆さん固い印象でしたが、セミナー後はもうすっかり打ち解けていました。穂坂先生の言葉をお借りすると「お酒は人と人との潤滑油」になった瞬間だと感じました。お酒は飲む楽しみだけでなく、その場も楽しくしてくれます。お酒の奥の深さも感じられる、そんなセミナーでした。
最後に今回ご参加していただいた皆様、ご協力してくださった皆様、誠にありがとうございました。

博物館実習生 バイオセラピー学科C.A 畜産学s科T.Y

親子で学ぶお米の講座 しっかりご飯を食べて元気になろう!

 平成30年11月25日(日)「食と農」の博物館の2階セミナー室にて「しっかりご飯を食べて元気になろう!」の講座が開かれました。
 本講座では、東京農業大学応用生物化学部 食品安全健康学科 高橋信之教授とその学生さんが講義を担当されました。ごはんに含まれる栄養や、体の中の細胞の働きを、参加者の親子の方に分かりやすく説明してくださいました。

○朝ごはんは、体内時計を合わせてくれる!
 初めに、ごはんでエネルギーを補給する私たちにとって、しっかり食べることの大切さを説明してくださいました。身体を目覚めさせ、体内リズムを作る働きを持つ朝ごはんは、特に重要です。忙しい朝もごはんを抜かさないよう気をつけて、元気に1日を過ごしていきましょう。

○糖、タンパク質、油、この3つのエネルギーの源の中で、糖が一番大事
 砂糖は、食欲を促進させるため太りやすいです。そのため、お米の中にある糖、ブドウ糖がより好ましいです。そこで、実際にお米の中の糖を検出する実験が行われました。普通の水ではなく唾液だとデンプンを分解できます。分解の過程でお米が褐色になる様子を見たお子様達の笑顔が輝いていました。

○お米クイズ
 本講義で学んだことを復習するために、食品安全健康学科の学生さんによる「お米クイズ」が行われました。解答の選択肢の中には、ふふふと笑ってしまうようなモノも含まれており、大変盛り上がりました。元気な掛け声とともに、勢いよく上がる腕は、ピンと伸びていました。自信あふれるその姿から、講座を楽しく学ばれたのだと感じました。親子で和気あいあいとクイズに答えていく姿が微笑ましかったです。今日学んだことを楽しく総括することが出来ました。

○お米の試食
 そして最後に、お米の試食が行われました。実習生2人も特別に頂きました。岩手県産の新ブランド米「きらほ」、岐阜県産の皇室献上米「銀の朏(みかづき)」の2種を食べ比べました。「きらほ」は、もっちり柔らかく、とても食べやすかったです。冷めてもこの食感が続く特徴を持っています。老若男女問わず、おにぎりやお弁当に喜ばれそうだと思いました。「銀の朏」は、今までに見たことがないほど米の粒が大きく、プチプチとした食感でした。お米の甘みが口いっぱいに広がりました。子供たちは、元気にお代わりをしていました。いつまでも食べていたくなるほど、どちらもとても美味しかったです。

 お米をしっかり食べて、適度に運動をして、健康的に毎日楽しく生活できるように頑張っていこうと思いました。

バイオセラピー学科 A.C

ページの先頭へ