東京農大ブログトップ
  • 東京農業大学HPへ


 

プロフィール


Plantbiotech-T1
所属:東京農大教職員
性別:男

ブログ最新投稿

2017年04月21日

卒業

2017年03月16日

卒業式(前日)

2017年03月10日

tomato襲来

2017年02月17日

大学院生

2017年02月13日

どMども

第2回★29の日!

満腹ほろ酔い気分で、とっても眠たい

どうも、鍋つかみです


今月も

この日がやってきました

培養班恒例29 の日

今日のメンバーは

鍋つかみ・M・森君・ナメック・まっち・S邉くん・S藤くん

そして、先生の、計8人で開催されました

鍋たちが少し遅刻してしまい、

先生方を待たせてしまうというハプニング もありましたが

その後は、楽しく食べて 飲んで 話して をしていました

先生、ご馳走様でした

さて、

今回の29の日でも、

培養班の変体度合い についての話題に事欠かなかったのですが

中でも、ナメックは輝いていた

以前Ashから、「ヤツは只者じゃないですよ」

と聞いていたのですが、

想像以上でした

後数年したら悟りを開けるのでは無いかと思うほどでした

培養班には碌なやつがいないな、と再確認した一日でした



さて、今日の格言コ〜ナ〜

本日の格言はこちら

「The more I learn the more I realize I don't know. 」

「The more I realize I don't know the more I want to learn.」


(学べば学ぶほど、何も知らないということが分かるようになる)

(何も知らないと分かるようになるほど、もっと学びたくなる)



この格言は、かのアインシュタイン氏が残したものです

学ぶほど・研究するほどに、新たな疑問が生まれてきます

より多くのことを学び、より多くの疑問を抱いていけるようになりたいですね


それでは、以上鍋つかみでした


写真

29の日

29の日パート2

いろいろと想像以上のナメック

 
 
 

 

2012年05月30日 | Plantbiotech-T1

▲ページトップへ

植バイの日常〜その3〜

過度のマイクロチューブの開閉で

指の皮がむけてしまった

どうも、鍋つかみです


5月最後の月曜日です

皆様いかがお過ごしでしょうか

鍋はそろそろ勉強に力を入れなくては

と焦っています


植バイ は、

今日もいつもどおり各自実験・研究に励んでいました

酵素班でも、

個人テーマ をもらった人がちらほらと出てきて

3年生も、だいぶ研究室に慣れてきたようです

夜遅く まで実験している子もいて

今日も、まっちとAshが9時過ぎまで残っていました

MSストック溶液作成、ありがとね



さて、

こんな所で、今日の格言コーナー

今日の格言はこちら

「農は天下の大本なり」

(のうはてんかのたいほんなり)

農業は、人々が生活するための資源を作り出す

ゆえに、すべての大本(基盤)である


この格言は、中国の「漢書」の一文です。

「漢書」は他にも、

「酒 は百薬の長なり」などといった有名な言葉の宝庫です。
時間的余裕があれば、鍋も読んでみたいなと思いました


それでは、今日の更新はここまで

Presented by 鍋つかみ


写真

MSストックを作ってくれたまっち

ノートまとめをしているAsh
 
 

 

2012年05月29日 | Plantbiotech-T1

▲ページトップへ

祝☆50連勤達成!!

鍋「10連勤、5セット 休みなしだっ

haru「鍋さん、それ、ただの50連勤や・・」

ということで、

連勤記録 50日達成しました

どうも、鍋つかみです


今日の研究室は、

昨日とは打って変わって

鍋つかみ以外だれも来ませんでした

やっぱり、日曜日くらいはみんな休むよね・・

そんなわけで、

久しぶりに一人で実験してました


そして、

今日は7のつく日でもありました

・・・マルハンじゃないですよ

我等がCITY お肉 100グラム77円の日です

もちろん、

他の商品も安くなっていて、とってもお得な日です

なので、

主婦はもちろん、お金のない学生たちも出没します

鍋つかみも、苦学生の一人としてCITYさんにはお世話になっています



と、こんな所で今日の報告は終わりで

今日の格言コーナーに行ってみましょう

今日の格言は、少し長いです

最初の部分はみんな聞いたことあるんじゃないかな??

では、こちらです


「人間は、世界の中では最も弱い『葦』のような存在であるが、『考える葦』なのだ」

「大切なことは全て、私たちの考え(想い)の中にある」


「私たちを立ち上がらせるものは、そこからやってくるものであり」

「満たすすべのない場所や時によってあるものでは無い」

「ゆえに、想う(考える)事を忘れずに」

「そこにこそ、あるべき姿(モラルの根源)があるのだから」



この文は、フランスのブレイズ・パスカル(Blaise Pascal)さんの「Pensees(パンセ)」の一文です。

「考える葦」のくだりは有名ですが、その文の続きを知っている人は意外と少ないのではないでしょうか?

日本語訳にはいくつかパターンがありますが、今回は鍋が一番気に入っている訳文を紹介しました

考える・想うことを常に意識して生活や実験をするのはなかなか難しいですが、

心がけては、いたいなと思いました


ではでは、

とりあえず60連勤を目指す、鍋つかみでした



写真

7のつく日(おや、見覚えのある人が・・・?)
50連勤を記念して、少しがんばって見た夕食
 
 

 

2012年05月28日 | Plantbiotech-T1

▲ページトップへ

リーチ

研究室50日連勤という記録に

リーチがかかった、

どうも、鍋つかみです


今日は、

土曜日 ということで、

おそらくだれも来ないだろうな 〜

と思っていたのですが、

3年生が入れ違いに7人もきて、

ちょっと驚きました

去年の僕等4年生は、ここまでやっていたのだろうか

今年の3年生の士気の高さ

窺うことができる一日でした。



また、

そろそろ研究室を閉めようかというところで、

教育実習期間中で、

女子高生に囲まれハーレム状態

haruくんがやってきました。

どうやら教育実習は、

想像以上に大変だったらしく

朝は5時半起床 し、夜は12時に寝る

という生活を送っているようです


では、今日の格言コーナー

今日の格言はこちら


「之れを知る者は、之れを好むものに如かず。之れを好むものは、之れを楽しむものに如かず」


この格言も、昨日に引き続き「論語」の一説です

何事も楽しんでやれると、物事を極めることができますね


では、

今日はこんな所で・・・以上、鍋つかみでした



写真

久しぶりに登場のharu君
 

 

2012年05月27日 | Plantbiotech-T1

▲ページトップへ

夏の風物詩

青汁 って、みんなが思っているほど

まずくは無いのではないかと思っている、

どうも、鍋つかみです



今日は、

研究室のピペットマン(ギルソンタイプ)

点検サービスがありました

結果は、

ほとんど合格しているものがなく・・・

手入れ 修理 が必要なものが多かったです

ただ、

致命的に壊れているの物は無かったようで、

少しほっとしています



また、

最近になって、

ようやく網走も暖かく なってきました ね

この時期 から冬口 にかけては

植バイ名物

「動かない白い物体」(まるで死体のようだ)

が外のベンチに出没します

発見しても、見て見ぬふりをしてあげましょう



さて、今日の格言コーナー

今日の格言はこちら


「学びて時に之れを習う、亦た説ばしからずや」

(まなびてときにこれをならう、またよろこばしからずや)

一度学べば、それでわかったようながする

しかし、実際には、よくわかっていないものである

ところが、学んだことを折りに触れて復習・練習して見ると真の意味がわかってくる

体得するわけである

その体得のよろこびこそ、学ぶことの、まことのよろこびなのだ


この格言は、孔子の「論語」 第1章の一部分です

う〜む、耳 が痛い言葉ですね(笑)

鍋つかみも、わかったつもりになるのではなく

復習することで体得していけるよう、

努力しなくては と思いました


以上、今日の更新でした〜

Presented by 鍋つかみ



写真

植バイ名物「白い何か」(注:M
 

 

2012年05月26日 | Plantbiotech-T1

▲ページトップへ

 

ページトップへ


個人情報保護方針
東京農業大学HPへ
COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.